アボカドの食べ方や食べごろの見分け方!固い時に簡単に早熟させるには?

                         アボカド半分の画像

とってもポピュラーになったアボカド

我が家の食卓でもよく出て来ます。

アボカドを買って来て固過ぎて
食べられなかったという経験はありませんか?

食べごろや見分け方を知っていれば
そんな失敗なく美味しく食べられます!

今回はアボカドの美味しい食べ方
ご紹介したいと思います!

 Sponsored Links


食べごろのアボカドの見分け方は?ポイントは色!?

スーパーなどで特売だったりすると
1個と言わずに2~3つ買って来たりしますが、

今日すぐに使いたい!

そんな時は食べごろのアボカドを選び
購入しなければなりませんね。

 

時折まだ若くて、
しばらく置いてからではないと食感がゴリゴリ

好みもあると思いますが
あの独特なねっとり感が無く、

失敗したな・・・と思う事も少なくないでしょう。

 

まず、おいしいアボカドの見分け方は、

・ヘタが取れておらず隙間のないもの
・色が濃い
・皮に張りとツヤのあるもの
・大きくてふっくらしたもの

ヘタが取れてしまっていたりするものは
果肉の変色が見られる事があります。

 

そして、食べごろですぐに使いたい場合は、
緑が更に濃く黒みがかったものを選びましょう

皮がシワシワであったりヘタがフカフカのものは
鮮度が落ち脂が酸化している可能性があります。

 

もしかして、今までアボカドを押したり
軽く揉んでみたりなんてしてませんでしたか?

実際に見た事があります。

それはお店の商品を悪くさせる事になるので
絶対に辞めましょう。

アボカドの切り方や皮のむき方!

 Sponsored Links

アボカドの熟成を簡単に早める方法は?

買ってきたアボガドが若く
皮が緑色の物しかない場合は、

『追熟』させるとよいでしょう。

15℃以上の常温に置いておくと
1日で皮が黒く変わり3日ほどで食べごろになります。

ただ、27℃以上ともなると追熟障害が起こり
美味しさが半減しますので

温かい場所に置き過ぎない様に注意します。

アボカドを切った後に柔らかくする方法は?

 

また、リンゴやバナナ、梨、桃といった
エチレンガスを出す果物と一緒に

ビニール袋に入れると熟成が進み
更にはうまみ成分であるアミノ酸も増えます。

アボカド自体もエチレンガスを出すので
アボカドをビニール袋に入れておけば簡単ですね!

アボカドアレルギーの症状は?赤ちゃんには特に注意!

固いアボカドをそのままでも簡単にできる食べ方は?

アボカドを切った時に「あー!まだ固いや」と
そのままあきらめてしまってませんか?

切った後では断面が黒くなるし、
そのまま熟成させることも難しい・・・

そんな時は「電子レンジ」を使いましょう!

 

種は取って切った面は上にして、
500wで1分加熱するだけで柔らかくなります。

加熱をすれば柔らかくなるので、

我が家ではグラタンにしてしまったり、
炒め物にしたりと変化させてしまいます。

 

熟れ過ぎのアボカドは諦めて、
シチューポテトサラダに混ぜたり、

種を取った中に卵を落として、
その上からチーズや塩こしょうをして

グラタン風ココットの様にして食べます。

これで万が一のアボカドの食べ方がわかりましたよね?

森のバターと呼ばれ美容や健康に良い
アボカドをぜひ手軽に使ってみてくださいね。

 

Sponsored Links

コメントを残す