服や衣類についた油汚れの落とし方!洗濯する前の一手間が大事!

                         087097

油汚れと聞くと、
頑固で落ちなさそう、落とすの大変!

大変なイメージがありますよね。

油汚れが付くものには色々ありますが、
どうしたら効率良く落とせるものでしょうか?

衣類は?壁は?
何で落ちるの???

今日は油汚れの落とし方についてご紹介しましょう!

 Sponsored Links


服など衣類についた油汚れの落とし方は?

油汚れは水で洗っても
なかなか落ちるものではないですね。

水と油の関係を考えてみましょう!

水と油は交じり合わない性質を持っています。

そのため水で洗い流そうとすれば
油汚れは溶け出すことはありません。

 

落とし方は、いらない布を2枚ご用意。

汚れた部分の下に乾いた布を敷き、残り1枚に
シンナーもしくは洗剤とクリームクレンザーを
混ぜ合わせたものを染込ませます

 

それを汚れの上から叩き、
上下の布に汚れを溶かし移します。

上下の布は汚れていない部分へと
移動させて行き、何度かくり返し行いましょう。

キレイになったところで洗剤を溶かした
ぬるま湯でつまみ洗いをするとキレイになります。

 

しかし、合成繊維を使った衣類の場合は、
生地が傷んだり色あせる場合があります

心配な場合にはクリーニングに出すことをお勧めします。

 

こすり洗いではなく叩いて移すです!

また、汚れが付いたら早めに対処することが
油汚れを残さないポイントです!

 Sponsored Links

洗濯での油汚れの落とし方は?

飲食関係や車などの整備業など
機械油、食用油で汚れた作業着や白衣など

ご家族にいらっしゃる場合には
ひどい油汚れを洗濯するご家庭もいらっしゃいますね。

これが普通の洗濯洗剤や漂白剤を使っても
なかなか綺麗にならない事があります。

 

お湯30リットルに大さじ山盛り2杯
セスキ炭酸ソーダを入れ、

2~3分洗濯機で予洗いし、
1時間ほど漬け込むと効果的です

予洗いした液は汚れているので、
新しくお湯を入れ替え、
石けんを溶かして泡立てて本洗濯をします。

 

なお、高温タイプの石けんがおすすめで、

原料油脂として
牛脂・豚脂・パーム油で出来ているものです。

40度以上のお湯で使うと、素晴らしい洗浄力です!

部屋干しで臭い原因や消す方法!

壁の油汚れの落とし方には重曹がおすすめ!?

キッチンの壁などは油汚れがつきやすいですね。

油汚れは付いたらすぐに落とす事が鉄則!
特にガス台周りが特に酷く汚れます。

タイルであれば重曹と酢を混ぜたペーストを
ブラシなどにつけて擦り洗いします。

キッチンの油汚れ掃除方法!床や排水溝は?

 

他には油汚れ用洗剤を使用し、
マジックリンやオレンジクリーナーを

キッチンペーパーやティッシュなどに
スプレーし、パックしておきましょう。

 

頑固なものは
スチームクリーナーや、ドライヤーで
温めながらこすり落とす方法もあります。

壁紙の材質によっては、
長期放置したものは難しいかもしれません。

 

キレイに油汚れを落としたら、
壁紙の材質にあったシートなどで
予防しておきましょう。

Sponsored Links

コメントを残す