指のあかぎれ・ひびにおすすめの絆創膏!液体?防水タイプ?

                         akagire

指先や関節といった良く動く部分が
深く切れてしまい痛みを伴うあかぎれ

これがなかなか治りにくく
1つ治ると繰り返す肌トラブルの1つです

保護をしておきたいと思いますが、
あかぎれで使用する絆創膏には
どんなものがあるでしょうか?

今回は、あかぎれの際に使用する絆創膏について
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


あかぎれなどのひびには液体の絆創膏がおすすめ?

あかぎれで深く入ったひびを
直接保護するいわゆる水絆創膏

透明で患部を固めて、ばい菌の侵入を防ぎ、
水に濡れてもしみないと利用されている方も多いです

・サカムケア
・コロスキン
・エキバンA

こうしたものが一般的だと思います。

指のひび割れの原因!対策は?

 

しかしデメリットもあり、
乾くまで次の仕事ができないということや、

患部に塗る際、患部の状態によっては
強い痛みが伴う場合があるということです。

 

そして水絆創膏が剥がれた際に、
傷口にある新たな皮膚を作り出す細胞まで
剥がしとってしまうというデメリットがあります

 Sponsored Links

防水に!指のあかぎれに使う絆創膏は?

あかぎれによって出来た亀裂
水が触れるとしみて痛みを助長させるものですよね。

さらに傷を早く治すためには、
傷口にある肉芽という細胞を活かした

湿潤治療がすすめられています。

 

そこでジョンソンエンドジョンソンの
キズパワーパッド

防水で色が目立たず、ぴったり密着。

保護するだけではなく治癒力を高めるという
高機能の絆創膏です

 

パットによって身体から出る体液を保持。

この体液は傷口を治す成分が含まれているため、
皮膚が早く再生されるというもので、

関節部分やスポットなどでも使えます。

 

他には、ニチバンのあかぎれ保護バン

接着にビタミンEが配合されたもので、
指先をすっぽりと覆い水仕事をしても
その成分が流れ出ることがないというものです。

透湿性もあり蒸れず、適度に潤い、
隅々まで覆う事が出来ると好評です

ロールタイプなどもあるので
使い方次第で使い分けることも出来ますよ!

 

あかぎれにオロナインなど併用して使うときの絆創膏は?

あかぎれ治療にオロナイン紫雲膏(しうんこう)
使う方が多いですね。

患部にオロナインや紫雲膏を塗って
絆創膏で覆うというものですが、

一般的な絆創膏では水に触れた際に
軟膏が流れ出てしまう事もありますので、

その際には防水がしっかりされる
絆創膏を使う事をおすすめ

 

夜寝る前などであれば一般的なもので良いでしょう。

日中活動中にだけ防水された絆創膏を使うなど
用途で分けることをおすすめします

指関節などはよく動かす事も多いので
伸縮性などを考えることも必要かと思います。

 

3Mの「ネクスケア防水救急ばんそうこう」の様な
中央部分の幅は広く、まげても浮き上がりにくく

更には低アレルギー性のアクリル系粘着剤を
使用しているので肌に優しく肌色のパッドで
目立ちにくいという特徴があります。

 

Sponsored Links

コメントを残す