赤ら顔を抑える化粧品の選び方!メリットとデメリットとは?

                         question_head_girl

赤ら顔や顔の赤みが気になる場合、
化粧品選びも苦労します。

出来るだけ改善させたり目立たなくしたいと思う反面、
皮膚が敏感で無闇に使えない!

・・・などお悩みも付いて回ります。

そこで今日は、赤ら顔の化粧品について
どんな化粧水やファンデーションがいいのかご紹介したいと思います!

 Sponsored Links


赤ら顔の原因と治し方

赤ら顔には原因によってその状態が異なります

そのため、どの原因
自身が赤ら顔なのか把握する必要があります。

 

赤ら顔の原因

・表皮が薄い
・ニキビや皮脂の過剰分泌による炎症
・毛細血管の拡張や伸縮の低下
・冷え症
・極度の緊張

原因は色々とあります。

治療法としては皮膚科で行う治療の他に
漢方薬で改善する事も出来ます。

ただ漢方の場合、
自分自身がどのケースで赤ら顔が起きているのか?
きちんと把握する必要があります

 

血流を良くするのか?はたまた皮脂の分泌を抑えるのか?

人前で強く緊張すると赤ら顔になってしまう方にも
心を落ちつかせる漢方があります。

自身の状況に応じた処方をするのが漢方なので、
自己判断で使えば意味がありません

冬の寒いときに鼻が赤くなる原因は?

 Sponsored Links

赤ら顔におすすめの化粧品は?

赤ら顔の方の化粧品は無添加やオーガニックなど
肌に優しい化粧品がおすすめです

また、緊張によって引き起こす赤ら顔の場合は
収れん性のあるアストリンゼンが効果的です。

ただ、アルコールが含まれているので肌が弱い方には
ノンアルコールのアストリンゼンをチェックしてみるとよいでしょう

 

他にも赤ら顔によいと評価の高い
アヤナスをご存知でしょうか?

敏感肌とエイジングケアのいずれにもアプローチする化粧品で、
美容専門科も評価する敏感肌用に作られたものなのです

肌質は個人差があるので一概には言えませんが
アヤナスを使用して赤ら顔になった方も正直います。

まずは10日程お使いいただける
トライアルキットがあるのでそこから初めてみましょう。

【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

 

またファンデーションにおいては
コントロールカラーを使っている方も多いと思います。

しかし、逆に顔色が悪くなる事もあるので、
イエロー系ファンデーションを使った方が赤みが抑えられます



赤ら顔の化粧品に含まれるビタミンKの注意点

赤ら顔の化粧品に使われるビタミンK

血管の流れを良くして血管の拡張をしにくくさせる作用で
多く使われおり、改善に期待されています

 

ここで注意することは
肌に合わない時は使わないこと!

肌に合わないのにもかかわらず使い続けていると
逆に炎症を強くさせて赤みが引かない事があります。

赤ら顔を抑えるのであれば
ビタミンC誘導体の方が効果的です。

特に化粧水に含まれているものは
肌への馴染み、吸収がいいものが多いです。

 

Sponsored Links

コメントを残す