赤ちゃんの予防接種による副作用はいつからいつまで?症状は?

                         94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

子供の健康のために・・・

赤ちゃんのころから予防接種
たくさん行われています。

でも親として心配なのは
副作用はないの??ってこと!

今回は赤ちゃんが受ける予防接種の副作用
ついていろいろとお伝えしていきます。

 Sponsored Links


赤ちゃんの予防接種の種類は?副作用とかはないの?

乳児早期に予防接種が
予定されているものは4つあります。

・ロタリックス
・肺炎球菌ワクチン
・4種混合ワクチン(百日咳、ジフテリア、破傷風、ポリオ)
・B型肝炎

 

ワクチンには、生ワクチンという病原体が
生きているが弱毒化したウィルスが
入っているものと、不活化ワクチンがあります。

不活化ワクチンはウィルスが不活化されているので、
病気になることはありませんが、

病気になることと副作用は別です

 

どのワクチンでも最初の30分くらいの間に
アレルギー症状が出ることがあります

発疹やぜいぜいと息をする場合があり、
治療を要する場合もあります。

予防接種による熱は副作用!?何度まで上がるの?

 

日本の赤ちゃんが1歳前
予防接種するワクチンは6~7種類あり、

複数回接種するワクチンもありますので、
接種回数は15回以上にもなります。

 

生ワクチンの接種後は、4週間あけなければ
次のワクチンが接種できないので、

同時接種といい、2種類以上のワクチンを
1回の通院で接種うする方法をとることで、
免疫を早くつけて子供を守る方法があります。

 

同時接種には、組み合わせや本数は特に
制限がなく、生ワクチン同士でも、不活化ワクチン同士、

生ワクチンと不活化ワクチンとの組み合わせでも、
接種年齢となっていれば可能です

 Sponsored Links

赤ちゃんが予防接種後に熱や湿疹、下痢に!これって副作用?

予防接種のあとには、
発熱や発疹、下痢となる場合があります

程度によりますが、
基本的に心配ないことが多いです

 

予防接種の原因の発熱の場合、
1~2日で熱が下がることが多いですが、

・機嫌が悪い
・嘔吐
・水分を摂れない
・ぐったりしている

など他の症状がある場合は
病院にいく必要があります。

赤ちゃんの予防接種による副作用が起こるのはいつからいつまで?

予防接種の副作用については、

予防接種の内容によって
発症期間や内容が異なります

 

インフルエンザ三種混合ワクチンは、
1~3日程度で副作用がおさまり、

長いものであればポリオワクチン・BCG
1~3カ月のちに副作用がでます。

 

副作用が出て受診を受けた場合は、
診察後に役所の担当の課にいくと、

補助制度により医療費や
障害養育年金を受けることができます。

 

Sponsored Links

コメントを残す