甘酒の栄養は米麹と酒粕で違う?妊婦に嬉しい効能やダイエット効果が!?

                         9a83a46facbabdfa369f1b944d17d7b0_s

「甘酒は体にいい・肌にいい」と言いますが、

栄養ってどの様なものを
含んでいるかご存知ですか?

古くは夏バテ防止、
今でも”飲む点滴”などと言われていますが、

なにやらいい栄養をたくさん含んでいそうですね。

今日は甘酒の栄養に注目し、
効能などについても合わせてご紹介します!

 Sponsored Links


甘酒の栄養成分!酒粕と米麹の違いはあるの?

甘酒には作る方法に2つあり、
米麹で作るものと酒粕で作るものとがあります。

栄養価としてはそれほど違いはありませんが、

米麹から発酵し自然な甘さを持つ甘酒の方が
発酵食品という点や砂糖を入れない点で勧められています。

酒粕にももちろん栄養はありますが、

アルコールを含む点や甘みが無いので
砂糖を添加しなければならない点がデメリットがあります。

 

米麹で作られた甘酒には、
速やかに疲労回復や脳への栄養になるブドウ糖を含み、

ビタミンB群やミネラル、たんぱく質、
少量ですが葉酸なども含んでいます。

酒粕にも同様に栄養素を含んでいますが

食物繊維やビタミン、タンパク質の量は
酒粕の甘酒の方が多い様です。

ただ、個々で言う健康効果や美肌の効果は

甘酒の持つ栄養「発酵食品」という点で、
腸を整える働きなどがあるので米麹の甘酒を勧めます

 

主な甘酒の栄養分

・ブドウ糖
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・食物繊維
・オリゴ糖
・グルタミン

 Sponsored Links

甘酒の栄養に含まれる効能や効果は?

甘酒が持つ効能は、古く飲まれていた米麹の甘酒は、
江戸時代には夏の暑気払いに飲まれている事から

夏バテや疲労回復に効果があり
神社の参道や甘酒売りがいたほどです。

 

他にも発酵食品の点で腸内環境を整え、
自然の糖であるオリゴ糖を含んでいるので

腸内細菌の餌になり善玉菌を育てる事に繋がり
免疫力アップや肌を整えたりといった作用を持ちます。

酒粕甘酒には
甘みがないので砂糖を入れると言いましたが、

オリゴ糖で甘みを付ければ
手軽に作る事ができ、体によい作用をします!

甘酒の牛乳割りによる効能や効果!

甘酒に含まれる栄養は妊婦やダイエットにもおすすめ!?

妊婦さんや出産後の体力回復
そうした時に甘酒はおすすめです!

妊娠中のつわりで
食事ができない時にも湯のみやカップに1杯!

さらに便秘の解消などにも効果があるので
妊婦さん、さらにはダイエットにもおすすめです。

 

また、ダイエット中の美容に
効果的な飲み方は、なんと「眠る前」

それというのは眠っている間に
体は様々な箇所の修復を始めたり、

さらには肌の生まれ変わりに
美容によい成分が働きや作用として働きます

 

これらの効果も米麹による作用で、ダイエットの場合には

甘いお粥状になったお米をゆっくりと食べる事で
満腹感と、優しい甘さで心の癒しにも繋がります。

眠る前はリラックスが必要!
日頃お疲れ気味の方にも眠る前に1杯!

100mlでカロリー81kcal
続ける事でよい結果に繋げます。

 

Sponsored Links

コメントを残す