甘酒の牛乳割りによる効能や効果!割合や使う甘酒の種類は?

                         26cdd9734370f191d10d3000279916b7_s

冬の寒い日に飲むと体を温める甘酒

なんでも牛乳と合わせて飲むと
さらに体によい作用をすると人気ですね。

それはどんな効能なのか?
他に牛乳を使って作る物がありますが、
例えばヨーグルトとかでもいいの?

今回は甘酒と牛乳が持つ効能と
レシピを合わせてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


甘酒の牛乳割りで得られる効能とは?

甘酒自体の栄養は豊富なオリゴ糖と食物繊維、
必須アミノ酸やビタミンB群などを含みます。

そしてアミノ酸の1つであるGABA(ギャバ)
パントテン酸による効果で
ストレス緩和作用と血圧を抑える働きがあるため、

ストレスの多い現代社会の心の癒し、
リラックス効果を得る事が出来るという点に人気がある様です

 

もちろん甘酒が持つ美肌、美髪効果

ブドウ糖による疲労回復効果もあり、
甘酒を飲みやすくするため牛乳割りが注目されています

また、この飲み方は平安時代にも流行したもので、
醍醐味という言葉の由来にもなったと言います。

牛乳と豆乳の栄養やカロリーの違い!

 Sponsored Links

甘酒の牛乳割りは酒粕と米麹、どっちがいいの?ホットの方がいい!?

牛乳割りに使う甘酒は、
米麹がよいのか?酒粕で作った甘酒がよいのか?

実際には材料も同じで発酵の段階の違うだけ!

どちらにも栄養を含むので、
効果としては同じといってよいと思います

甘酒の栄養は米麹と酒粕で違う?

 

ただ、酒粕にはアルコールを含んでいるので、
小さなお子さんや妊婦さんに至っては、
米麹で作った甘酒で割って飲む事をおすすめします。

さらにGABAの量をアップしたい場合には、
発芽玄米麹で作る方が、
白米の10倍、玄米の3倍GABAが多く含まれます。

そしてホットでもアイスでもどちらもよいですが、
冷たい物でお腹が冷える方には
夏場でも温かい方がおすすめです

 

甘酒自体は夏の季語であり、
江戸時代は夏場の暑気払いに飲まれているので
冷やして飲むこともいたって可能です。

市販の甘酒でも牛乳で割って飲めば
簡単に飲む事ができますね!

市販にも米麹のみや玄米麹で作った甘酒があるので
微妙な味の違いを楽しむのもなかなかいいかもしれませんよ!

甘酒と牛乳の割合は?他の飲み方、アレンジレシピ!

甘酒と牛乳で割る時の割合
1:1がちょうどよい様です

苦手ではないけれど飲みやすさを考えるならば
牛乳の割合を多くするとよいでしょう。

他にもココアパウダーやインスタントコーヒーを
合わせて飲む方法もおすすめです。

 

アレンジとしては甘酒と牛乳で割ったものを
そのまま凍らせてアイス風にしたり、

無糖のヨーグルトに甘酒を合わせて
甘みに使うなどといった方法もいいですね。

ヨーグルトで合わせて食べれば
なお、お腹の調子を整え美肌効果もありそうです。

また、牛乳かんの要領で、甘酒を合わせる!
・・・という方法もよいです。

ただ、酒粕や寒天を溶かす際にはよく溶かして
ザルなどで漉した方がなめらなかになります

 

Sponsored Links

コメントを残す