麻のシーツや衣類の洗濯や縮みを戻す方法!ポイントは脱水!?

                         麻のシャツ

通気性がよくサラっとした肌触りで
夏に登場するの衣類。

しかし、洗濯で失敗しやすく

シワシワになるとなかなかアイロンでは
のばしにくく困ります。

今回は麻の洗濯方法について伝授します!

 Sponsored Links


麻のシーツや衣類の洗濯方法!ポイントは脱水?

夏のシーツに麻素材、

吸水性速乾性通気性がよいので
選びたいベッドリネンですよね。

ただ、どうしても清潔に保つために
適度に洗濯はしたい!

しかし、シワになりやすいため
夏の暑い時期にアイロンは・・・

と敬遠する事もあります。

 

実は、以外にも
秋や冬といった通年使えるもの。

では、どうしたらシワを寄せずに
洗えるでしょうか?

色々と調べた中では、
あまり気にせず洗ったまま干す際に

よく伸ばす程度でアイロンはせずに
使っている方が多く見受けられます。

 

とはいえ、シーツならともかくシャツの場合は
少しでもシワを軽減したいですよね。

それなら、脱水を小分けにする方法で回避!

高速回転に入ってから5秒程度で一旦止め、
形を整えてから再度脱水

これを数回繰り返します。

速乾性があるので完璧に脱水しなくても大丈夫です。

部屋干しで臭い原因や消す方法!

 Sponsored Links

洗濯による縮み!麻ニットなど縮みを戻す方法は?

麻のシャツ、あるいは麻混の
綿シャツ、ブラウス、ニットなど

おしゃれ着洗いではなく
一般的な洗濯コースで洗って

縮んでしまったという経験はありませんか?

アイロンをかけようとしても綺麗にのびず
がっかりする事がありますよね。

麻の生地の特徴!メリット・デメリットは?

 

そんな時に戻す方法があります!

いつも使っている
リンスやコンディショナーと水!

これだけで戻す事が出来ます。

ニットを洗濯機で洗うポイント!

 

縮んでしまったものがしっかりと浸かる水に
例えばセーターであれば2~3プッシュ程度、

シャツ1枚なら2プッシュ程度を水に溶かして
衣類を入れて30分程

後は軽くすすいで脱水して干すだけ!
簡単に縮みを直す事が出来ます。

服や衣類についた油汚れの落とし方!

 

薄手の麻生地の洗濯方法!柔らかくなりすぎる場合は?

薄手の麻の生地を使った衣類の場合、
どうしてもシワが気になるところですね。

その場合には自動で脱水はさせずに、

タオルなどに挟み込んで水気を切り、
形を整えて干すという方法が有効です。

速乾性があるので多少水分が残っていても
ある程度できちんと乾きます。

 

麻繊維は洗えば洗う程しなやかになり、
風合いがやわらかくなりすぎる場合には、

すすぎの後に
洗濯のりを使用してみるのもおすすめです。

麻の洗濯はシワや縮みは案外と少ないものですが、
どちらかといえば色落ちの方が重要です

 

素材の性質上、染色に弱い生地で、
特に色の濃い物は気をつけたいところです。

酸素系の漂白剤はもちろん、

合成洗剤に入っている漂白剤や
蛍光剤であっても色が抜けやすく

さらに、摩擦にも弱く
色落ち・毛羽立ちがしやすいので、

ネットなどに入れて優しくシンプルに洗う!
というのが良さそうですね。

 

Sponsored Links

コメントを残す