足の裏の皮がむけて痒い・痒くないのは病気?臭くて痛いときは?

                         足の裏の画像

足の裏は何気にケアを怠り易い部分ですが、
皮がむけると気になりませんか?

「もしかして・・・水虫?」

足の裏の皮がむけるという状態には、
様々な原因や症状が考えられます。

足の裏の皮がむけるというと、すぐに「水虫」と決めつける前に、
似ている症状大きく3つに分けてご紹介しましょう。

 Sponsored Links


足の裏の皮がむけて痒いのは水虫?痒くないときは?

足の裏の皮がむけると同時に

「痒い」or「痒くない」
「赤い」or「白い」

などといった症状があるかどうかでも異なります。

 

考えられる皮膚疾患としては

・足白癬(水虫)
・異汗性湿疹(汗疱)
・あせも

などがあります。

 

足白癬は、いわゆる「水虫」のことで、
足の裏に出来る水虫は「小水疱型」「角質型」

小水疱型は足の裏や側面に小さな水疱が出来て、
経過によって赤くなって皮がむけ、痒みが強いのが特徴。

角質型は、足の裏やかかとがガサガサに乾燥し、

角質が厚く硬くなり皮がむけてひび割れを起こすので
あかぎれと間違う事があります。

 

汗疱は、足の裏や指、手のひらなどにもできますが、

小さな水疱が突然多発して出来て水疱が破れ、
次々に角質が剥がれ落ち、うろこの様になります。

小さな水疱が出来るタイプは痒みを伴うことがありますが、

剥がれるタイプはかゆみがなく、初夏から晩秋に多く、
1ヶ月程度で自然に治まりますが毎年繰り返します。

汗疱の治療!特に子供は注意!

 

多汗症によるあせもとも似ていて、

汗疱も赤い水疱が出来るものもあるので、
皮膚科医に菌の有無を確認してもらう必要があります。

足の裏が固い!皮膚が白い・かゆいなどの原因は?

 Sponsored Links

足の裏の角質や皮がむけて痛い!ささくれなどの治し方は?

一般的に足の裏の皮がむける箇所は、

かかとつま先といった
体重が特にかかる箇所が多いです。

角質が厚くなってささくれだって、
女性であればストッキングの伝線が気になったり、

靴下を履く時にひかかって
皮がむけて痛みを伴う事があります。

足の裏の土踏まずが痛い原因は病気?

 

皮膚のターンオーバーが出来ていない事や、

刺激のある部分の皮膚の自己防衛力によって
角質が厚くなるというのが原因です。

こうした場合には白色ワセリンを塗って
ケアすることをおすすめします。

 

他に定期的に角質を取る専用のヤスリがあります。

一定方向に優しくやりすぎない程度に削って
その後はワセリンを塗ってきちんとケアを行いましょう。

なお、タコの様になってしまった足の裏の角質は
ベビーフットでは対応出来ない様です。

いぼやたこ・魚の目の違いは?

 

子供の足の裏の皮がむけて臭い場合は?

子供でも足の臭いがきつく皮がむけてくると
水虫かな?・・・と心配になりますよね。

子供は代謝がよく、汗をよくかき、
皮膚も新しく生まれ変わりますが、

皮脂や汗で雑菌を繁殖させているのが原因です。

 

子供の靴は足にフィットする反面、
通気性が悪くて蒸れ易いのが特徴なので、

靴を風通しのよいところで陰干し、
靴は数足用意してローテーションさせるとよいでしょう。

 

他に、帰ったら足を洗わせてから、
靴下を履き変えさせる事でかなり改善されます。

お風呂では足裏や指の間も
よく洗うように指導してあげてください。

 

Sponsored Links

コメントを残す