アスパラのゆで方や下ごしらえ方法!ゆで時間や保存期間は?

                         a1180_000852

旬の時期を迎えた新鮮なアスパラ!

せっかくだから美味しく茹でて
食べたいですよね。

ほんのり温かいうちに
マヨネーズを付けて食べるのが大好きです♪

クタクタにならないアスパラのゆで方
また、保存方法などについてご紹介します!

 Sponsored Links


アスパラの保存方法や保存期間は?

茹でると緑が濃くなり、彩りや
メイン料理などにも多く使える

便利な野菜のアスパラですが、
買い過ぎて冷蔵庫に入れて置くと

水分が抜けて穂先や茎が乾燥し鮮度を落とします

そんな時には冷凍保存!

 

一般的には硬めに茹でてから
冷凍保存をするものですが、

それでは解凍した時に水っぽさや 歯ごたえが
柔らかくなりすぎてしまう 傾向にあります。

そこで我が家で行っている方法をご紹介!

 

茎の太い部分をピーラーで下処理して
洗って水分を取った上で

適度にカットをしてそのまま冷凍です!

炒め物にはそのまま入れてもよいですし、

茹でてサラダにしたい場合も
そのまま少し塩を入れた湯に入れるだけ。

 

この方が食感がよく勝手がいいです。
冷凍保存用のジップ袋に詰めておけば いいだけです!

冷凍での保存期間
1ヶ月を目安にとしておきましょう。

冷凍であっても鮮度は落ちて行きます。

アスパラの栄養や効能!気になるカロリー

 Sponsored Links

アスパラのゆで方や下ごしらえの方法は?ゆで時間はどれくらい?

アスパラを茹でる前には下ごしらえを!

アスパラの根元から4~5センチ程度
ピーラーで薄く皮を剥くだけです

出来ればアスパラがそのまま入る鍋、
フライパンを用意しましょう。

 

水1L程度なら小さじ2の塩

普通サイズ程度なら1分30秒程度。
太いものなら2分位を目安に茹でましょう。

ゆで上がったら氷を入れた冷水で
一気に色止めをしたら完成です。

温かいうちに食べるのであれば 色止めは不要です

 

アスパラには「ホワイトアスパラ」がありますが、
下ごしらえは同じく薄く皮をむきます。

ここでグリーンアスパラと違うのが、

熱湯に塩以外に”酢やレモン汁”を
大さじ1程度入れる事!

白さが増します。

そして、むいた皮も一緒に茹でること!

 

鮮度や太さによりますが、
皮が厚めであるため3分を目処に。

根元に竹串がスッっと通れば茹で上がりです。

茹で汁は味を整えると
とても美味しいスープになりますよ!

レンジを使った簡単なアスパラのゆで方は?

もちろん!電子レンジで時短しましょう!

少しの量ならお湯を沸かすよりも
経済的な部分もあります。

洗って下ごしらえをしたのち、

ラップでふんわりと包み500Wなら1分30秒
600Wであれば1分を目安に。

 

サラダなどで添えるなら
冷水につけて色止めをしましょう。

茹でるよりは色があまりよいとも言えませんが、
短時間で火を通す面では有効的!

いずれにしても色止めの冷水に
浸け過ぎは水っぽくさせますので

少しつまんで指に中から
温かさが伝わって来なければ十分です!

 

茹でたままでも炒めても揚げ物や汁物、シチューなど!

色々な料理に味の影響を与えない
シンプルだけでど味のよいアスパラ

ぜひ手軽にもっと使ってくださいね!

 

Sponsored Links

コメントを残す