ベネチア国際映画祭2014の日程や場所は?2013年授賞結果!

                         069405

ベネチア国際映画祭
皆さんはご存知ですか?

カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭と
肩を並べる世界最古と言ってもいい程の
歴史をもつ国際映画祭です。

一般客でも見ることができるベネチア国際映画祭!

 

今回は2014年のベネチア国際映画祭についての
日程や会場などをお伝えしていきます。

 Sponsored Links


ベネチア国際映画祭とは?授賞した日本の作品は?

ベネチア国際映画祭は、毎年9月下旬になると
ベネチアで開かれる映画祭の事です。

世界各国から100を超える作品
ベネチアへと集結し、それらすべてが上映されます

 

一般客もチケットさえ購入しその場所へ
行けば見ることが可能です。

日本の映画も何本かベネチア国際映画祭で
最も素晴らしいと言われる
最高賞の金獅子賞を受賞した作品があります。

 

有名なもので、黒澤明監督の代表作とも
言える羅生門が金獅子賞を受賞しています。

2014年ベネチア国際映画祭の日程と場所は?

ベネチア国際映画祭が開かれる会場は
リド島と言う、イタリアにある小さな島です。

ベネチアとアドリア海を隔てるように
伸びている細長い島で、

有名な映画、「ベニスに死す」
舞台にもなった場所です

 

イタリア語では
Lido di Venezia(リード・ディ・ヴェネツィア)」と
呼ばれており、一般にはリド島と呼ばれています。

 

日程は
2014年8月27日~9月6日まで
開催されます。

今年は日本から金獅子賞を狙った
コンペティション部門

塚本晋也監督の作品である野火
出品されます。

 Sponsored Links

2013年のベネチア国際映画祭の結果、作品紹介

2013年の受賞作は以下のようになります。

 

最高賞 金獅子賞獲得作品

タイトル:Sacro Gra(サクロ・グラ)
監督:ジャンフランコ・ロッシ

 

ローマの周囲70キロを取り巻く
フリーウェイには、様々な人々が暮らしています。

あるアパートで娘とクラス男、
シュロの林を愛する者達、
それぞれの生活をクローズアップした作品です。

 

淡々と進む、どこか哀愁を感じる作品です。

成人してから見ると、どこか寂しさと
明日への活力を感じることのできる作品です。

 

また、さすがイタリアで作られただけあり、
随所随所におしゃれなインテリアや生活が
垣間見え、新鮮な気分にもさせてくれますよ。

 

優秀監督賞 銀獅子賞獲得作品

タイトル:Miss Violence(ミス・バイオレンス)
監督:アレクサンドロス・アブラナス

 

11才の誕生日という、めでたい筈の日に
自ら命を絶った少女、アンゲリキの顔は笑顔でした。

彼女の死をめぐるサスペンスな不気味さが魅力の作品です。

 

日常生活に潜む恐怖や不気味さを感じる作品です。

現代社会のねじれや違和感を余すことなく
表現した今作は、人によっては後味が悪い
恐ろしいものかもしれませんが、

一見の価値ありと言える、いい意味での問題作です。




 

2014年のベネチア国際映画祭、

一体どのような作品がノミネートされるのか、
今からワクワクしてしまいますね。

 

今年は直接現地へと足を運んでみませんか?

ベネチアはこの期間、お祭り騒ぎとなり、
世界各国から観光客が詰めかけます。

 

Sponsored Links

コメントを残す