ゴーヤの種には肌やダイエット効果も?お茶や粉末も効能はあるの?

                         ゴーヤの画像

夏の野菜の1つであるゴーヤ

とても体によい野菜ですが具体的に
どんな効能を持つのかご存知ですか?

苦いし本当に体にいいの??

 

実はこの苦味にゴーヤの持つ力が含まれています!
では、ゴーヤの効能についてくわしく解説しましょう!

 Sponsored Links


ゴーヤの栄養素!苦味や種に含まれるものは?

ゴーヤの栄養素は
ビタミンC100g76mgととても多く
キュウリやトマトの約5倍以上含んでいます。

また、比較的加熱に強いビタミンなので
短時間調理程度であれば栄養を残しておけます。

 

主に効能で注目されるのは「苦味」
”モモルデシン”という成分で、

胃腸の粘膜保護であったり食欲増進、
肝機能を高め、血糖値の降下にも効果があります。

ゴーヤが苦い原因と苦味成分をとる5つの方法!

 

他にカロテンを210μg、葉酸を72μgなど含み、
カリウムに至っては260mg。

カリウムの多いナスや冬瓜、きゅうりよりも
60mgほど多く含みます。

 

また果皮に含まれる”チャランシン”という成分にも
血糖値を下げる効果と
コレステロールを低下させる働きがあり、

果実とには「蛋白MAP30」を含み、
ガン細胞を攻撃する細胞を活性化させて、
ガン細胞の増殖と抑制をすると注目されています。

 Sponsored Links

ゴーヤの種の効能にはダイエット効果や肌、便秘にも効く!?

ゴーヤの効能には色々ありますが、
ダイエット効果を狙うのであれば「種」に注目!

ゴーヤの「種」に含まれる”共益リノール酸”には
体脂肪を分解・消費する働きがあります。

あまりこのリノール酸が含まれる食品はなく、
身近で手に入れられるものといえば
ゴーヤの「」です。

 

これだけ食べていれば痩せられる訳ではありませんが、
ダイエットを後押しする食材としておすすめです

沖縄やゴーヤ農家さんではゴーヤのワタと種は捨てず、
お味噌汁の具にしたりチャンプルーにそのまま使ったり。

最近流行のスムージーなどにいれてしまえば
食べづらいといったこともなく、
ダイエット効果をあげることが出来るでしょう。

ゴーヤの栄養効果は?わたにも栄養あるの?

 

また、ビタミンCはお肌のハリやツヤの元となる
コラーゲン生成に必要な成分であったり、

胃を整える働きや便秘解消などと
相まってにもよいと言われています。

肝臓機能を正しくする働きから
夏バテ予防にも効果があると言われています。

ゴーヤのお茶や粉末・ジュースにも効能はあるの?

ゴーヤを使ったものにはお茶や粉末、ジュースに
なっているものなど多く出回っています。

ゴーヤ茶などはノンカフェイン
ビタミンやミネラル不足、美肌効果、

「種」が入っているものであれば
ダイエットや高血圧、血糖値が心配な方にも有効です。

粉末や青汁にも同じ事がいえ、
「種」まで入っているかどうかがカギになります

 

なお、ゴーヤが持つ苦味成分には
”キニーネ”という成分を含んでいて

子宮を収縮するので流産すると耳にしますが、
沖縄で特別流産の数が多いといった事もなく、

どちらかといえば体を冷やす働きをもつので、
食べ過ぎるとよくないといった感じの様です。

 

Sponsored Links

コメントを残す