麦茶の効能がスゴい!7つの効果!妊婦さんに副作用は??

                         1b4e3c4df32737b1ea43f89bc2c023b8_s

暑くなってくると、どの家庭の冷蔵庫にも
麦茶が冷やしてありますよね。

我が家は一年中作っていて、夏のこの時期に
麦茶パックが安売りしていることが多いので、
いつも買いだめをしています。

この夏の風物詩とも言える麦茶には、
実はすごい効能が隠されていたのです

今回はこの麦茶の効能についてまとめてみました!

 Sponsored Links


麦茶に含まれる効能や効果

麦茶の効能には以下のものがあげられます。

・体を冷やす
麦茶の原料である大麦には、
体の火照りを鎮める作用があります。

 

・抗酸化作用
活性酸素を攻撃する働きがあります。

これは、脳卒中や心筋梗塞の原因にもなっていて、
生活習慣病も予防できます。

 

・血流改善
麦茶にはピラジンという成分が入っていて、
これは血流を改善する作用があります。

血流が良くなると、肩こりや冷え性の改善に役立ちます
また、動脈硬化や高血圧の予防にもなります。

 

・胃の粘膜保護
麦茶の抽出物には、胃の粘膜を保護する
作用があるという 研究結果が出ています。

夏バテで胃は荒れがちになるので、
胃のケアは大切になります。

 

・虫歯予防
ミュータンス菌と呼ばれる
虫歯菌を抑制する働きがあります

麦茶は、バクテリアの定着を予防してくれるのです。

知覚過敏と虫歯の見分け方!原因や症状の違いは?

 

・むくみ改善
利尿作用があるので、毒素を体外に
排出して、むくみを防いでくれます。

また、膀胱炎の予防にもなります。

 

・便秘予防
ミネラルや食物繊維を豊富に含んでいるので、
便秘にも効果的です。

ミネラルは、体の生理機能を
スムーズにするための栄養素です。
 

麦茶の効能は妊婦さんにおすすめ!?副作用とかないの?

大体の飲み物には、
少なからずカフェインが入っています。

カフェインには以下のような作用があるので、
妊婦さんは避けるべきだと言われています。

 

・錯覚作用がある
 胎児には刺激が強すぎる

・鉄分を流失する作用がある
 妊婦さんは貧血になりがちのため

 

その点、麦茶はカフェインを含んでいません。

カフェインを含まない飲み物としては、

はと麦茶、タンポポ茶、ルイボスティーなどあります。

 

一番手に入りやすく、もちろん栄養豊富なので、
麦茶が妊婦さんにはお勧めです。

もちろん、赤ちゃんや子供も安心して飲むことが出来ます。

赤ちゃんに麦茶を与える時期はいつから?

 

また、麦茶を飲んだことによる
副作用は確認されていません

たくさん飲んでも問題ありませんが、
上記にあるように体を冷やす効果もあるため、
出来れば常温で少しずつ飲むことをお勧めします。

麦茶がカビ臭い!腐る原因と判断方法は?

 Sponsored Links

はと麦茶には美肌効果も!?

普通の麦茶には、美肌や美白の効能は見られません

その代わり、はと麦茶には美肌効果があるそうです。

 

原料であるハトムギにはアミノ酸が多く入っています。

このアミノ酸がシミ、ソバカス、アトピー、肌荒れなどの
肌のトラブルに効き目があります


 

昔から、イボ取りにはヨクイニンという
ハトムギからできた漢方薬が使われているくらい、
肌とハトムギは密接な関係だったのです。

 

ちなみに、コーヒーの代わりに麦茶を使用して
カフェオレも作れるようです。

熱中症や夏バテだけでなく、
体にもうれしい効能がたくさんの麦茶。

こまめに補給して、元気に夏を過ごしましょう!

Sponsored Links

コメントを残す