カラーの色別の花言葉の意味や名前の由来!種類や開花時期は?

                         カラーの花の画像

シュッとした見た目が凛々しいカラー

花束などにも利用される観葉植物で、
ブライダルでブーケに使われたりしますね!

花と同様に扱われる中、
花言葉もあるのはご存知でしょうか!?

今日はカラーの花言葉や種類など、
ご紹介したいと思います!

 Sponsored Links


カラーの開花時期や種類は?

カラーはサトイモ科の植物で、
2種類のタイプがあります。

湿地性を好み耐寒性をもち、
18度以上、主にに開花する

・オランダカイウ属

畑地性で暑さ・寒さに弱く初夏に開花する

・モモイロカイウ属
・キバナカイウ属
・シロボシカイウ属

多くはオランダカイウ属の一部の
品種に対してカラーという事が多いです。

 

切り花として出回るものは湿地性

鉢で出回っているものには畑地性が流通しています。

畑地性のものは花色が多く、

白やピンク、赤、黄色、オレンジ
といったものがあり

育て方が少し難しい様です。

 

全てを総称してカラーとした場合の
出回りは3~7月

最盛期は6月といわれています。

 Sponsored Links

カラーの花言葉は?その意味や名前の由来は?

名前の由来はギリシャ語で
「美しい=カロス」より由来しています。

修道女の(Collar)に似ているという事で
この名前がついたという説もあります。

または、ヒメカイウ属の学名が
カラー(Calla)であることから

その名前がつけられたとの説もあります。

 

花言葉は、

・乙女のしとやかさ
・華麗なる美
・清浄

ギリシャ神話にカラーの花言葉に
通じるお話があります。

 

カラーは全能の神ゼウスの妻、女神ヘラが

子であるヘラクレスに母乳を与えていた際に
こぼれたところから出来た花と言われています。

その他、美の女神であるヴィーナスはその美しさに嫉妬し、

カラーの中心に棒の様なものを作り、
今の花姿になったとか・・・。

ヴィーナスまでもが嫉妬するほどの
美しい花であることがわかる話ですね。

 

女神ヘラはゼウスの妻であるだけでなく、
最高位の女神で結婚と母性・貞節を司る女神。

つまり花言葉は美しいヘラを象徴し、
さらに結婚を象徴する花であることがわかります

ここで指すカラーは白いカラーの事を差しています。

その為、ウェディングドレスは
という繋がりも見えて来ますね!

ジューンブライドの意味と3つの由来!

ピンクや黄色、紫などの色別のカラー花言葉は?

鉢植えで観られるカラーは、
花色が豊富で贈り物にもピッタリです。

参考までに花言葉をまとめてみました。

 

ピンク:情熱家

:壮大な美

:夢見る美しさ

エレガントピンク:素敵な恋人

ブラックマジック:贅沢の美

アルパマクラタ:自然派指向

女性を表す花言葉がとても多いですね!

やはりこれも美しいヘラのイメージなどが
受け継がれているのでしょうか?

 

また、カラーは水芭蕉にもよく似ています。

同じサトイモ科であるところで近縁種ですが、
水芭蕉は湿地帯を好み固有種です。

カラーは先にお話した通り、
品種が複数あり自生地の違いがあります。

ブライダルに白いカラーを身に携えたなら
女神ヘラのご加護を受けられるかもしれませんよ!

 

Sponsored Links

コメントを残す