カーボンヒーターとハロゲンヒーターの違い!電気代を比較!

                         5676d089acb644b13378d8e7a2a520db_s

小さい子供がいる家庭では特に、
灯油を使わないタイプのヒーターを
選ぶ人も多いのではないのでしょうか?

電気タイプのヒーターは、
燃焼を伴わないため空気が
汚れる心配がないのが特徴です

代表的なものは、
カーボンヒーターハロゲンヒーター

 

しかし、電気タイプのものはあまり馴染みがなく、
価格や電気代、メリットやデメリットなど
分からないことが多いもの・・・

本格的な冬の到来の前に、
カーボンヒーターとハロゲンヒーターの違いを
知っておきましょう。

 Sponsored Links


カーボンヒーターとハロゲンヒーターの違いは?

カーボンヒーターもハロゲンヒーターも
赤外線を放射させるタイプの電気ストーブです。

速熱性に優れ、台所や脱衣所など
スポット的に使用することに適しています

その違いはというと、発熱元にあります。

 

カーボンという名の通り、
カーボンヒーターは炭素繊維を発熱体とし、

ハロゲンヒーターは
ハロゲンランプを発熱体としています。

 

もともとハロゲンヒーターのほうが
先に発売されていましたが、

より効率的に温めることができる
カーボンヒーターが発売され、

注目はカーボンヒーターに集まるようになりました。

 

どちらも体を温めてくれますが、
大きな違いは、その電気代にも表れます。

 Sponsored Links

カーボンヒーターとハロゲンヒーターの比較、価格や電気代は?

灯油を使ったストーブと違い、灯油代は
かかりませんが、その代り電気代がかかります。

対象の電力会社や電力プランによって違いますが、

東京電力を利用していると
仮定して計算してみると・・・

 

ハロゲンヒーター1000Wという
大きな消費電力で1時間25.2円ですが、

カーボンヒーター
500~600Wと少なくなっています。

 

温度調節やヒーターとしての力の強弱で
調整できるヒーターもあり、

600Wの強設定では、1時間15.1円

弱設定では7.5円

つまり、同じ性能のヒーター同士を比べると
カーボンヒーターは電気代約半分ということになります。

 

カーボンヒーターもハロゲンヒーターも、
価格帯は5千円~1万円までが主流です。

それ以上も以下も当然ありますが、
自分の欲しい機能を決めると選びやすいでしょう。

電気ストーブ1時間の電気代は?

 

カーボンヒーターとハロゲンヒーターのメリットとデメリットは?

電気ヒーターのメリットは、
コンパクトで軽量化が進んでいるため、

いろいろなところに持ち運んで使うことができ、

屋内はもちろん屋外でも
使用されることも多くなっています。

 

スポット的に温めることができるため、
部屋全体を温める必要はないけれど、

ここの部分だけほしい!

という場合に役に立ちます。

 

カーボンヒーターにおいては、体や布に
吸収されやすい遠赤外線を多く放射することから、

より効率的に温めることができ、
電気代も抑えることができます

 

電気ヒーターのデメリットは、消費電力が大きいため、
長時間の使用には向かない点と、
発光するため少々まぶしい点です

メリットやデメリットを念頭に置き、
厳冬を乗り越えるパートナーを
探してみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Links

コメントを残す