チョコが固まらない原因は割合のせい?生チョコは冷蔵庫と冷凍庫どっち?

                         111098

バレンタインデーで
手作りチョコを作る方も多くなりましたね!

作り方も万全にした筈なのに
チョコがまったく固まらない!

そうしたトラブルもよくあることです。

では、チョコが固まらない原因について
色々な方向から調べてみました!

 Sponsored Links


チョコが固まらない原因は生クリームのせい?

「チョコが固まらないんだよね・・・」

友達からよく相談されましたが、当の私は作らない派なので、
色々とその原因を調べてあげることにしました。

カッチリと溶かす前の様に固めたいのに指先で押すと、
チョコクリームの様になってしまったといいます。

 

一般的にチョコレートを手作りするには
「チョコ5:生クリーム5」

つまりは同じ量づつ入れる事が基本。

しかし、他になにか混ぜ物をしていた場合には、
固まらないか、柔らかくまとまる様です。

 

リキュール類など風味付けに入れると美味しいですが、

多少チョコや生クリーム以外の液体を混ぜ込む事で
固まり具合はかなり変わる様です。

1日冷蔵庫に入れても固まらない場合には、
2~3日は冷蔵庫に入れて置く事が必要です。

 

それでも固まらない場合は、
チョコと生クリームが分離している可能性があります。

チョコレートの食べ過ぎで鼻血やニキビができるのは本当?

 Sponsored Links

生チョコやトリュフが冷蔵庫に入れてても固まらないのは?

生チョコでもなんでもそうですが、
今回調べていて思ったのが、

「チョコは直ぐに固まるもの」
思っている事が非常に多いんだなと思いました。

 

生チョコ
「チョコレート2:生クリーム1」

この割合がずれて生クリームの量が増えれば
固まる事が出来ず液状のままになります。

つまり、どちらでもそうですが、チョコの割合が高い程固まり、
チョコだけなら冷蔵庫で短時間に固まるものなんです。

 

もしも生チョコが固まらない!
分量も溶かす時に分離も無かった!

などというのであれば冷やす時間を伸ばすこと

2時間で固まらないならば、
極端ですが一晩冷蔵庫に入れて置きましょう。

そして固まらない場合ですが、

作った生チョコをじっくりと焦らず湯煎でとかした後に、
チョコを追加することで回避出来ます。

 

ただ、入れすぎれば固まりすぎるので
元のチョコレートの分量を頭に置き、

追加するチョコもきちんと湯煎した上で
少しずつ加えるときちんと混ざります。

チョコやホワイトチョコが固まらないときは冷凍庫もあり!?

チョコが固まらない場合に、
冷凍庫に入れる方法もあります。

その方が冷蔵庫で冷やすよりも
温度が低いという点で追い打ちをかけて
固める事が出来るといいます。

 

これには生クリームの脂肪分が足りなかったり、
カカオの量によって、固まりにくくなるのが原因の様です。

 

生クリームは35%以上の脂肪分、

ホワイトチョコの場合はカカオの量が
一般的なチョコよりも少ないので固まりにくいといいます。

生クリームに関しては、動物性でも植物性でも
どちらも脂肪分だけ気をつけておけば
どちらを使っても問題はない様です!

 

Sponsored Links

コメントを残す