チョコの食べ過ぎでアレルギーに!?適量やリセット方法は?

                         6fd735cbe93c9f21ce232555f3e13ba8_s

疲れた時や小腹が空いた時など、
ついつい手を伸ばしてしまうチョコレート

濃厚な甘さは
次から次へと食べたくなってしまいます。

食べ過ぎは体に悪影響を及ぼすことがあります。

今回はチョコレートの食べ過ぎ
引き起こされる症状について調べてみました。

 Sponsored Links


チョコレートを食べ過ぎによる症状とは?1日の適量は?

甘いものは疲労回復効果があり、
疲れた時に甘いものが食べたくなるのは自然なこと。

中でもチョコレートは甘さが
口の中に広がり、至福の時を与えてくれます。

食べ過ぎは良くないと思っていても、
なかなかやめられず何個も食べてしまいことも・・・。

特に女性には甘いものが好きな人が多いですよね。
これにはホルモンが関係しています。

 

アントロゲンというホルモンには
甘い物の食べ過ぎを抑制してくれる働きがあります。

男性はこのアントロゲンを元々持っていますが、
女性にはこのホルモンはないのです

女性は甘いものを食べ過ぎてしまうのはこのためです。

少しの量を食べるのであれば問題ありませんが、
毎日大量のチョコレートを食べ続けていると、
チョコレートが体にとってはになってしまいます

 

まず、チョコレートには大量の砂糖が使われており、
大量の砂糖のせいで血糖値が急上昇します

急上昇した血糖値はその後、急降下してしまい、
この急降下が疲労感・イライラ・頭痛など出てしまいます。

体は下がってた血糖値をなんとか上げようとして、
気分を高揚させるアドレナリンを分泌します。

このアドレナリンは攻撃的になりやすいホルモンでもあり、
精神状態が不安定になってしまいます

 

また、疲労感やイライラを鎮めるために、
甘いものを欲してしまう悪循環に陥ってしまうのです。

これが食べ過ぎを招き、肥満や糖尿病・高血圧・動脈硬化など
怖い病気の原因になってしまいます。

他にも糖分を体内で消化する時に、
カルシウムが使われます

そのため砂糖の摂りすぎはカルシウム不足を引き起こし、
歯周病の原因や骨がもろくなってしまいます。

 

また、ビタミンやミネラルなど精神状態を
落ち着かせるのになくてはならない栄養まで失われるので、

精神状態が不安定になり、
うつ病などの原因になってしまう可能性も

チョコレートには幸福感をもたらす成分が入っているため、
薬物などと同じように常習性があるのが怖いところ

 

食べ過ぎにならない
板チョコなら1日半分程度
粒チョコなら1日4~5個ほどが良いです。

チョコレートの食べ過ぎで鼻血やニキビができるのは本当?

 Sponsored Links

チョコレートの食べ過ぎはアレルギーの原因になる?

チョコレートの食べ過ぎによって
アレルギーになってしまうこともあるんです。

これはチョコレートの原料である
カカオに含まれる成分による食物アレルギーの一種です

それまではチョコレートを食べても問題のなかった人でも
過剰に摂取することで起こる可能性があります。

 

その症状は、
湿疹・咳・嘔吐・鼻血・頭痛など様々

バレンタインデーの前後に症状を訴え、
病院へ行く人が増えることから、
バレンタインデー症候群とも言われています。

カカオに含まれているチラミンという物質は、
血管を収縮させる働きがあり、
効果が切れると急激な血管の拡張が起こります

この血管の拡張によって、
腹痛や頭痛などの症状が起こります。

 

他にもカカオにはニッケルという物質も含まれていて、
これは金属アレルギーの原因になります。

もともと金属アレルギーのあった人が、
チョコレートに反応を起こすこともあるので注意が必要です。

皮膚が痒くなる、赤く腫れるなどの症状があれば、
アレルギー反応を起こしている可能性があります。

また最も注意したいのが、アレルギー反応の1つである
アナフィラキシーショックです。

呼吸困難や動悸・けいれんなどの症状が急激に現れます。

 

今まで反応のなかった人でも、
急になることのあるチョコレートアレルギー

気になる症状があれば、
病院で血液検査などを受け原因を特定することもできます。

残念ながら一度アレルギーになってしまうと、
完治させることはできません

最近ではアレルギー反応を起こすものを
含んでいないチョコレートなどもあるので、
上手に付き合っていくようにしましょう。

チョコレートを食べ過ぎてた場合のリセット方法とは?

チョコレートの食べ過ぎで、
いろいろな害があることは分かったものの、
つい食べてまうことはありますよね?

そこでチョコレートを食べ過ぎた時の
リセット方法を調べてみました。

チョコレートを食べた30分~1時間後
軽い運動をすることで糖分の消化が早まります。

筋トレなど激しい運動でもいいですが、
難しい場合は近所を散歩するなどで構いません。

 

また水分をしっかり摂ることで体の中の循環を良くします
緑茶などは利尿作用があり代謝を高めるのでおすすめです。

他にも食べすぎた後は、
タンパク質や食物繊維を中心とした食事にしましょう。

果物には果糖が多いので避けて方が良いです

 

他にも食べ過ぎない環境を整えることも大切です。
家の中に甘いものがたくさんあると食べ過ぎを招いてしまいます。

チョコレートがなければ食べすぎてしまうこともありません。
普段から買いすぎないようにし、少しの量だけ食べるよう心がけます。

食べすぎてしまった時の気持ち悪さなど、
体にどんな症状が出るのかを理解することも重要です。

食べる時には少量をしっかり味わう。
そして食べ過ぎないよう気持ちを引き締め環境を作っていく

これらを気をつければ体に負担のない楽しみ方ができます。

 

魅惑の甘味・チョコレート。
少量であればかえって健康にも良いものでもあります。

食べ過ぎには十分気をつけて食べるようにしましょう!

 

Sponsored Links

コメントを残す