汗抜きクリーニングの効果!ドライとの違いや料金、臭いも取れる!?

                         67e23b75bf2e5245f33d3a53bd4f13c3_s

クリーニングのサービスに
汗抜きがあるのはご存知でしょうか?

クリーニングのサービス内容を知る事で、
よりよく衣類を快適に保つ事が出来ます。

クリーニングの汗抜きとは一体どんなものなのか?
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


クリーニングの汗抜きとは?ドライとの違いって?

クリーニングで行われる
「洗い」の違いってご存知ですか?

万能だと思われてるドライクリーニングですが、
クリーニングの方法にはその衣類の性質や
汚れの内容に適したクリーニングが必要です

ドライクリーニングなら何でも汚れが落ちる!
・・・と思っていたら実はそれは誤りで、

ドライクリーニングで落とせるのは同じ
の汚れに適したクリーニング方法なのです。

服や衣類についた油汚れの落とし方!

 

そこで汚れや臭いの原因になる
水溶性汚れに当たるためドライクリーニングでは、
ほとんど洗い落とす事ができないものなのです。

そこで出てくるのが汗抜きと呼ばれるクリーニング!

方法には2種類あります。

・水で洗う(ウェットクリーニング)
・ドライ溶剤に汗汚れを落とす
 洗剤を加えて水溶性汚れを落とす

 

ウェットクリーニングの方が高い技術を持って
本来、水洗い出来ない衣類を洗うものです。

 Sponsored Links

クリーニングの汗抜きの効果や料金!臭いも取れるの?

汗抜き(ウェットクリーニング)の効果ですが、
ドライクリーニングだけよりも断然違いがあります。

ドライクリーニングでは汗成分は取り除けず、
その後、汗の部分が空気とふれて酸化することで
臭い・黄ばみ・衣類の劣化・虫食いなど引き起こします

それらの臭い原因を取り除けるので
臭いの効果は歴然と変わります。

 

ただ、料金においてはレギュラー料金の
2~10倍と違いが出て来ます。

特に高い場合はウェットクリーニングである事が多いので
その方法を確認の上で申込してみるとよいでしょう。

ドライクリーニングをしても臭いが取れない・・・
そうした方は汗抜きは行った方がよいでしょう。



クリーニングの汗抜きは実際のとこ必要?頻度は??

クリーニングでの汗抜きですが、
衣類や季節によっても違いはあると思います

例えばスーツは夏場と冬場でも汗をかく量も異なります。

夏場で頻繁に着ている場合には月1度

冬場であれば1シーズンに1回かシーズン終わりで
しまい込む時に行う程度で十分かと思います。

スーツは自宅で水洗い方法や脱水の仕方

スラックスも夏場はこまめに行った方がよいですが、
家庭で洗濯が出来る素材を取り入れたりして、
家庭で洗えないものだけは月1出すとした方がいいです。



 

あまり汗とは無縁そうなコートなどは、
シーズン終わりに行う程度でもよさそうです。

冬場でも汗っかきで首筋に汗をかき、
気になる様であればシーズン中に1度出してもよさそうです。

顔や首など全身の汗かきの原因は?病気?

 

Sponsored Links

コメントを残す