ココナッツミルクは太る?カロリーや栄養・効能にダイエット効果は?

                         ココナッツミルクのイラスト

南国をイメージするココナッツですが、

最近ではスーパーなどで
続々と関連商品が販売されており

その栄養や効能に注目が集まっています。

 

テレビでココナッツを叩きわって
ジュースとして飲んでいるシーンが流れており、
飲んだ人は皆さん甘いと言っていました。

飲料だけではなく美容のジャンルでも
活躍の幅を広げているココナッツミルクですが、

今回は魅力溢れるココナッツミルクのカロリー
栄養、効能についてみていきましょう。

 Sponsored Links


ココナッツミルクのカロリーや糖質はどれくらい?太るもと??

ココナッツからそのまま飲むという機会は
なかなかないと思いますが、

ココナッツミルクの缶詰は販売されていますので
それを元にカロリーをみていきます。

410g(1缶)あたり615kcalで、
100gだと150kcalほどです。

決して高カロリーではなく
むしろ低カロリーの部類です。

 

ココナッツミルクは牛乳の代用として
使用されることがありますが、

糖質は100gあたり約2.6gと牛乳より少ないです。

牛乳と豆乳の栄養の違い!カロリーは?

ココナッツミルクで特筆すべき栄養素は
マンガンですが、

脂質も多く含んでいるので太るもとではないのか・・・・

しかし心配はありません!

 

実はココナッツミルクの糖質は良質な成分ですので
適量ならばむしろ体に良いのです

ダイエット効果については後ほど紹介していきます。

 Sponsored Links

ココナッツミルクの栄養や効能にはダイエット効果もあるの?

ココナッツミルクには
ミネラル類・ビタミン・食物繊維
主な栄養素です。

 

ミネラル類

・カリウム

生命活動の基盤とも言われる重要な栄養素。

ナトリウムの排せつをほどこし血圧を
下げてくれる働きにより高血圧やむくみの予防になる他、

筋肉の動きをよくしてくれる。

 

・マグネシウム

動脈硬化や高血圧、糖尿病などといった
病気の改善に効果を発揮する他、

リラックス効果もある。

 

・鉄分

鉄分はなんといっても貧血の方には強い味方になる。
しっかりと摂取していきたい栄養素の一つ。

 

ビタミン

葉酸が含まれているだけでなく貧血にも効く。
さらにお肌の湿効果にも期待がもてる。

 

食物繊維

排泄を助ける働きをもっていることは有名ですが、
他にも現代人がなりがちな生活習慣病にも効果がある。

 

続いてダイエット効果についてですが

上記に挙げたようにココナッツミルクの
糖質は良質なものです。

なぜならば中鎖脂肪酸を多く含んでいるため、
余分な脂肪を燃焼させてくれる優秀な成分

しかもこれだけ多くの中鎖脂肪酸を
含んでいるものは珍しいそうです。

ココアなどに大さじ1杯のココナッツミルクを
入れるだけで腹持ちもいいとされていますので、

一度は試してみたいものです。

ココナッツミルクの作り方は?

ココナッツミルクの
牛乳のような白さや特有の甘さは、

ココナッツミルクが熟していないと頂けません

といっても日本では実そのものを
売っているところはほとんどありません。

 

実はありませんが便利なもので
ココナッツミルクの粉というものがあります。

作り方は簡単で熱湯で粉を溶かし
牛乳を入れるだけです。

 

ココナッツミルクの魅力はどうでしたか?

料理にも使用することができますので
色々な方法をお試しください!

 

Sponsored Links

コメントを残す