カレーに使う基本の香辛料の種類!辛い時の対処法や代用品は?

                         香辛料の画像

カレーの香辛料には
とっても身体にいい効果があります。

今ではルーで作るよりもより香りと味を楽しむ為に
香辛料からカレーを作る家庭も少なくありません。

基本のカレーの香辛料とはどんなもの?

辛い時にはどうするの?
また、カレーを食べた時にお腹が下るのはなぜ?

・・・といった
カレーと香辛料についてお話ししたいと思います。

 Sponsored Links


カレーに使う基本の香辛料の種類は?

カレーを香辛料から作る場合には、
その配合を自身で考えなくてはなりません。

そこを時短するために
「缶のカレー粉」を使う事がほとんどです。

そこにはカレーに必要な香辛料が
バランス良く配合されています。

 

基本で使う香辛料には、
大手メーカー”S&B”では以下をあげています。

・ターメリック
・クミン
・コリアンダー
・カルダモン
・オールスパイス
・チリペッパー

 

また、カレーといえば「ガラムマサラ」という
辛みを加える香辛料があります。

ペッパー、チリペッパー、クミン、シナモン
といったものが配合されているので、

別途でクミンとチリペッパーを加える必要はありません

 

お子さんがいる家庭で大人が食べる際に、
辛みが欲しいときも振りかけて食べる事ができ、
別鍋でわざわざ作る必要がなく手間が省けるのも魅力です

カレーはどれくらい日持ちする?賞味期限は?

 Sponsored Links

カレーに香辛料を入れ過ぎて辛い場合の対処法は?

カレーを市販のルーで作ると炒め油程度で
脂質を抑える事ができるのでおすすめです!

香辛料から作る配合が難しいので、慣れないうちは
配合されたカレー粉を使うほうが便利でしょう。

 

作ったカレーが辛い場合には
蜂蜜やリンゴを炒めて作った香辛料チャツネ

代用品としてイチゴジャム
少々くわえると爽やかな甘さを付ける事ができます。

作っている段階で甘みを加える場合にも

チャツネもしくは飴色に炒めた玉ねぎも
甘みとなり旨味にもなるのでおすすめです。

玉ねぎを飴色に時短でする2つのコツ!

カレーの香辛料で下痢などアレルギーが出ることもある!?

カレーを食べて
お腹が下ったり、お腹が痛い、蕁麻疹が出る!

・・・などといった
アレルギーを起こす方がいらっしゃいます。

 

使用する小麦粉に対する
アレルギー反応である場合もありますが、

香辛料自体にもアレルギー反応を
起こす事もあるそうです

しかし、アレルゲンになっている香辛料を
特定するのは非常に難しいといいます。

カレーアレルギーの症状と検査方法

 

カレーに使う香辛料は、カレー味でなくても
案外と様々なところで使用されており、

外食などで知らずに食べてしまい
おもわぬアレルギー症状を起こし

時にはアナフィラキシーショックといった
重篤な症状を引き起こすこともあるので要注意です!

 

Sponsored Links

コメントを残す