ダニの発生時期や場所!繁殖スピードや温度と防ぐための対策は?

                         ダニのイラスト

ダニは私たちの生活のあらゆるところで発生しては
繁殖し、さらに強い生命力で生き続けています。

ダニというと布団などが思い浮かびますが

それ以外にも見落としがちな所に
存在している事があります。

今回はダニの発生や繁殖に関する
場所や原因、時期など調べまとめました。

 Sponsored Links


ダニの発生時期や繁殖するスピードや温度は?

ダニは温度20~30度湿度60~80%
高温多湿な場所をとても好みます。

ここに塵などエサになるものがあれば繁殖をし続けます。

 

最も繁殖する時期梅雨明け~夏頃で
ダニにとっては最高のシーズン到来となります。

しかし、冬の間でも暖房で温かく
加湿器や室内干し、観葉植物などといった

適度に湿度が保たれている環境であれば
ダニにとっては繁殖に最適という事になります。

ペットボトルで湿度を下げる方法!

 

エサはダニの種類によって違いがあるものの、
人間のフケやアカ、食べカスやカビ、ホコリなどがあります。

そして畳や絨毯、布団やぬいぐるみ、
家具などの隙間、部屋の隅っこ・・・といった
あらゆる場所がダニの棲家となってしまいます。

 

繁殖スピードは驚異的に早く2週間で成虫になり、
繁殖条件が揃った場合には

例えば30匹のダニは10週間後には
およそ1万匹にもなるといいます。

ダニが原因で肌荒れやニキビを引き起こす!?

 Sponsored Links

小麦粉やプロテインからもダニが発生・繁殖する!?

下痢や鼻水、蕁麻疹、喘息症状・・・
これってアレルギー?・・・と思う前に!

プロテインや小麦粉などといった、たんぱく質を含む
粉類にもダニが繁殖することをご存知でしょうか?

これは「コナダニ」と呼ばれ、
体長0.3mm~0.5mmなので肉眼では分かりません。

 

粉に発生するのでこの名が付いたそうですが、
砂糖など甘いものであったり、などにも発生するダニです。

カビ(真菌)や細菌をエサとしているので
それらが発生するところには存在すると考えてよいでしょう。

体調に最適な湿度とカビ予防になる湿度はいくつ?

 

恐ろしい事に粉類に発生した場合に

ダニの繁殖と粉とが入れ替わる事が続けば
よく凝視してみると粉が動いている状態になる事も!

実際に常温保存していた期限切れのたこ焼き粉1gより
9000匹の「コナヒョウダニ」が発見された!

・・・という事例があったそうです。

 

プロテインや粉ミルク、小麦粉類など
粉類の保管方法としては、

冷蔵庫保存、密閉状態、早めに消費する!
ということが大切です。

ダニに噛まれた跡の特徴!

ダニの発生や繁殖を防ぐための対策方法は?

噛んで吸血までして
人に猛烈な痒みを残す「マダニ」や「家ダニ」

「マダニ」は屋外に生息している大型のダニで
肉眼でも確認でき感染症を媒介することもあります。

「マダニ」の対策は虫除け剤をうまく使ったり、
肌の露出を控える事が有効的です。

草むらに直に座ったりしないようにしましょう。

ダニは洗濯では死なない!?

 

「家ダニ」は死んだネズミに寄生し、
感染症を媒介するダニなので、

外部からドブネズミなどが
侵入する場合にはネズミの駆除!

フンや死骸などを見つけたら
速やかに取り除く必要があります。

 

Sponsored Links

コメントを残す