デコポンの栄養成分と効能!不知火との違いや食べ方は?

                         デコポンの画像

見た目がちょっと面白いデコポン
甘くてジューシーなフルーツですね。

寒い季節から春にかけて楽しめる
おいしいデコポンの栄養を知ってみませんか?

 

他の柑橘類との違いなど、合わせてご紹介します。

 Sponsored Links


デコポンに含まれる栄養成分や効果は?みかんの栄養価と比べると?

デコポンの栄養

見た目にも色が鮮やかで味は甘く、
なんだかとっても栄養がありそうですよね。

中身も瑞々しく、見た目以外は
まるでみかんと似ています。

 

その栄養はカロテンの1つである「βクリプトキサンチン」

特に温州(うんしゅう)みかんに
多く含まれており、その量は100mgで1800μg

みかんには敵いませんがデコポンにも550μg含み、
きゅうりよりも多くトマトと並ぶ含有量です。

みかんの種類別の名前と特徴!温州みかんとは?

 

柑橘系の精油に含まれる有用性分「シネフィリン」
ビタミンCと一緒に摂ることで、風邪予防に優れています。

他に酸味の成分に含まれる
「クエン酸」には疲労回復効果や血液浄化、

また、実を包む薄皮(じょうのう)には、

水溶性食物繊維「ペクチン」が多く含まれており、
便秘解消や整腸作用などにも効果を発揮します。

デコポン1個のカロリーや糖質は?

 Sponsored Links

デコポンの食べ方は?不知火とデコポンは違う種類なの?

デコポンの食べ方は、
皮もそれほど厚くなく薄皮もやわらかいので、
みかんと同様にそのまま食べる事ができます。

たくさん頂いた時には、ジュースにすると贅沢な味を楽しめ、
他に葉ゼリーやシャーベットなど楽しめます。

皮はピールやマーマレードにするとパンに塗るほかに、
料理の隠し味に使う事も出来ます。

 

また、お店に並んでいる時に見た目はデコポンなのに

名前が不知火(しらぬい)として
販売されているものがあります。

これはデコポンの基準にまで糖度が
上がってなかったり、酸味が強いといった事があります。

 

「不知火」に対してブランド名が「デコポン」であり、

この名前を使えるのは
糖度が13度以上で、クエン酸が1%以下!

といった条件をクリアしなければなりません。

それ以外は「不知火」という名前で流通しています。

 

さらには地域によっては

静岡は「フジポン」
愛媛は「ヒメポン」
広島は「ヒメポン」
徳島は「ポンダリン」

などと呼ばれている事がある様です。

熊本などでは「不知火」以外にも
「くまもとみかん」として販売していることも多く、

通販では不知火みかん・くまもとみかんとしています。

 

万が一購入したみかんが酸っぱくても
別な食べ方で楽しめるので
「ハズレた」などとは思わないでください。

甘いものを食べたい!

その際には「デコポン」という
表示のものを購入すればよいでしょう。

デコポンと不知火の違いが解ると、
ちょっと柑橘系の「通」になれますよ!

 

以外と知られていないこの違い・・・

ぜひ、ご家族でデコポンを食べたときの
小話にいかがでしょうか?

 

Sponsored Links

コメントを残す