電気ストーブ1時間の電気代は?エアコンやこたつと比較すると?

                         a0022_000268

冬を迎えるにあたって、ストーブや
ヒーターなどの暖房器具はかかせません。

特に安全面で、小さな子供がいる
家庭でも大活躍の電気ストーブ

気になることと言えば電気代!
他の暖房器具と比べてどうなの??

今回は電気ストーブの電気代につてい
いろいろと調べてみました。

 Sponsored Links


電気ストーブの電気代って1時間どれくらい?

灯油などの代わりに電気を
熱エネルギーに変えて利用する電気ストーブ。

種類は大きく分けて3つ!

 

ハロゲンヒーターやカーボンヒーターなどの
遠赤外線放出を中心とする輻射式

ファンで温風を送り出す温風式

オイルヒーターを代表とする対流式

 

電気代は、ストーブの種類や
強弱設定にもよりますが、

およそ1時間5~30円と幅広く製造されています。

電気ストーブは軽量化されており、
持ち運びができるので

キッチンに立つ1時間だけ!
などの使用に適しています。

 

電力会社や電力プランによって
電気代は異なってきますが、

東京電力で計算した場合、
温める効率の良いカーボンヒーターですと、
強設定で1時間15円程度です。

 Sponsored Links

電気ストーブの電気代はエアコンと比較すると?

現在名前がよく知られている
電気ストーブの電気代の目安は、

カーボンヒーターでは1時間で15円程度

ハロゲンヒーターは1時間25円程度

オイルヒーターは1時間30円程度

 

エアコンは、外気温が低いほど、
その電力消費は大きくなりますが、

外気温が2度で室内温度を20度に
設定して1時間つけると、17円程度かかります。

 

一見するとカーボンヒーターが
一番安いようですが、

カーボンヒーターやハロゲンヒーターは
室内全体を温かくすることには適していません。

室内全体を温めるならば、
オイルヒーターやエアコンが適しています

 

あまりに外気温が低い場合は、
オイルヒーターでは温まらないこともあり、

外気温や、どのような用途で使いたいかを考え、
最適な暖房器具を選ぶことが重要です。

 

おすすめなのは、エアコンを低めに設定し、
カーボンヒーターで足元や体を
スポット的に温めることです

その際カーボンヒーターを
弱設定にすると、1時間7円程度になります。

 

電気ストーブとこたつの電気代はどっちがお得?

一度入るとそこから出られない
魅力を持つこたつの電気代はと言うと、

表示されているのは500Wで11円程度が主流。

 

敷布団の下に断熱シートを敷いたり
工夫も様々で、こたつ布団をしっかりしたものに
して温かさを逃がさないようにすれば、
省エネにもつながります。

一定温度に温まると一時的にオフになる
こたつもあるため、

しっかり中を保温することでオフの機能を
有効に使うと、実質1時間1円なんて素晴らしい結果も

 

ただ、こたつは持ち運べず、
キッチンや脱衣所では使えないのがデメリットです。

また、リビングの雰囲気を和テイストにするため、
雰囲気重視の人は電気ストーブのほうがいいかもしれません。

いろいろな電気製品を見比べて、
快適に冬を過ごしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

コメントを残す