土鍋にひびが入る原因!おかゆや牛乳、小麦粉で簡単に補修できる!

                         4e70577214896f2d49c13bc293e5021b_s

土鍋は使っているとひびが入るもの。

特に秋冬は鍋物で大活躍するので、
うっかり割れてしまわない様にしたいところです。

きちんと使っていても細かなひびが入りますが、
補修や修理は出来るものでしょうか?

また、正しく使わないと最悪、割れてしまうことも!

今回は土鍋にひびが入る原因から
直し方などについてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


土鍋にひびが入る原因は?

土鍋は保温効果が高く、鍋物以外にも手軽に
うどんやお粥など煮込む料理に最適な調理器具です。

陶器の調理器具なので匂いや水分を吸いやすく、
きちんとした使い方を知っておく事が
長持ちさせるポイントです!

土鍋は水分が付いたまま空焚きをしたり、
急激に温度を冷やそうとすると割れてしまいます

 

それ以外にも素材の中には空気を含んでいます。

それにより加熱をすると空気が膨張し冷めると縮むので、
自然と割れる良いひびもあります。

そのため土鍋を始めて使う時には水洗いをし、おかゆを炊いて
細かなひびを入れる目止めという作業を行う必要があります

これを行うことで今後、使う時に加熱時のエネルギーは
分散されて突然割れる様なひびを未然に防げるのです

 Sponsored Links

土鍋のひびは小麦粉や牛乳で補修できる!?

土鍋は長く使うと水漏れを起こす事もありますが、
ちょっとした事であれば補修することが出来ます。

先ほど少し触れた目止め
これと同様の事を行うことで補修できるというわけです。

お粥を炊くことで補修も出来ますが、
今日はお粥を食べる気分じゃない場合、

他の物でも代用する事が出来ます

 

ちょっとしたひびであれば牛乳

牛乳に含まれているカゼインによって
細かなひびに入り込んで接着し、補修します。

牛乳を土鍋にそのまま注いで、
弱火5~6分沸騰させましょう。

 

大きめのひびの場合は小麦粉がおすすめ!

でんぷん質のものを煮る事で
お米を炊いた時と同じ状態が作れます。

小麦粉の量は1人用の土鍋なら大さじ2杯

水は8分目程度まで入れて、
弱火で10~20分ほど沸騰させましょう。

お米のとぎ汁でも同様の時間で出来ます。

その後、完全に冷えた状態で水洗い!
しっかりと乾かしてからしまうことを忘れずに!

土鍋のひびを修理できるの?買い替えのタイミングは?

補修を何度も繰り返しても
水が漏れ出してしまう場合であれば限界です

何かを擦り込む事で直るものでもないので、
補修してもダメな時は新しいものに買い替えましょう。

 

突然割れて思わぬ事故に繋がる事もあるので、
無理して使う事はしない様にしましょう

 

Sponsored Links

コメントを残す