土鍋の洗い方!洗剤や焦げの対処法、普段のお手入れは?

                         00a1c0dc5695d4eab17bb36d06bb7566_s

冬場の鍋物や家庭によっては
ご飯を炊く時に使われる土鍋

いつもどの様に土鍋を洗っていますか?

土鍋の性質や洗い方などをきちんと知る事で
何十年と長く使える調理器具になります。

そろそろ活躍しそうな土鍋の洗い方
日頃のお手入れ方法などご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


土鍋の注意!割れたり匂い移りしたりする?

土鍋は焼物なので、その扱いも
他の調理器具とは異なります。

意外とやっては行けない事がとても多く、
中には落としていないのに割れてしまったとか、

匂いが移ってしまってなかなか取れない!
・・・といったことがあります。

 

土鍋が割れてしまうのは
以下の原因が考えられます。

・濡れたまま火にかけた
・空焚き
・熱い土鍋を急激に冷やした

また、土鍋は非常に匂いや水分を吸収しやすいです

長い時間中に料理を入れたままにすると
その料理の匂いを蓄えてしまうものなのです。

鍋物が残った場合には、
別な鍋に移して保管する様にしましょう。

 

有名なすっぽん料理のお店では、
正しい土鍋の保管を行っていて、

水・ご飯・醤油を入れただけで
すっぽん雑炊(まる雑炊)が出来てしまうほど。

それだけ土鍋は
素材の香りや味を吸い込みやすいという一例です

土鍋で新米の炊く時のコツ!水の量は?

 Sponsored Links

土鍋を購入した時の取扱いやお手入れ方法は?

まずは新しい土鍋を購入したら、
すぐに鍋物を作るのではなく水洗いだけを行います。

洗剤は一切、使用せずに
水だけでよく洗い1日乾かします

その後、直ぐに鍋物をするのではなく、
目止めをする必要があります。

 

目止めとは土鍋は陶器なので
その素材に空気が入り込んでいます。

そのまま加熱調理をすると
その空気が膨張し割れに繋がります

さらにその様な隙間が水漏れを起こしたり、
匂い移りがしやすいとデメリットになるので
必ず行う様にしましょう。

土鍋にひびが入る原因!補修方法は?

 

目止めの方法はいくつかあります。

簡単な方法はご飯を軽く1杯分入れ
土鍋の8分目ほどまで水を入れて
重湯状態になるまで1時間程煮込みます

お米以外に米のとぎ汁や大さじ2杯の小麦粉を入れた水で
10~20分ほど沸騰させても目止めはできます。

いずれも火は中火
他にもでんぷんを隙間に埋め込む事で目止めが出来ます。

 

火を止めた後はそのまま自然と冷まして
半日程置いて、仕上げに水洗いだけ行いましょう

目止めはシーズン中に適度に行っておくと
ひび割れ防止にもなります。

使わない時にはしっかりと
乾かしてからしまう様にしましょう。

カビの原因になります。

土鍋の洗い方!使う洗剤や焦げはどうする??

どうしても鍋物によっては油分が付いて
水だけでは洗えない事もあると思います。

本来は洗剤がしみ込む可能性があるので使いませんが、
少量に留めて手早く洗い十分にすすぐ事をお勧めします

 

焦げたときは重曹を大さじ1と水を入れて
沸騰させたら火を止めて
そのまま一晩置いてから水洗いしましょう

 

Sponsored Links

コメントを残す