えごま油の効能はダイエットや健康におすすめ!効果的な摂取量は?

                         えごまの葉の画像

韓国では焼肉をチシャ菜(チマ・サンチュ)と同様に生の「えごまの葉」に包んで食べます。

その「えごま」から絞った
えごま油には身体によいとされる

オメガ3脂肪酸が豊富に含まれており、
今、大変注目を集めていますよね。

 

今回は、さまざまな症状の予防や美容にも
効果があるというえごま油の効能や人気の秘密に迫ります。

 Sponsored Links


えごま油の効能にはどんな効果があるの?

まずは、えごま油の効能からみていきましょう。

・動脈硬化予防
・不整脈予防
・痴呆症(アルツハイマー症)予防
・がん予防

 

他にも以下の症状や体質の改善にも
効果があると言われています。

・アレルギー体質・症状の改善
・血液中のコレステロール低下
・血圧低下
・視覚力改善
・体内の中性脂肪(中性脂質)の低減
  常温では固体の脂肪酸である
  グリセリンエステルの低減

 

その他にも生活習慣の改善にも
効果があります。

・記憶力・学習能力への向上
・精神の安定化
・効果的なダイエット

 Sponsored Links

えごま油の効能はうつ病やアトピーにも効くって本当?

えごま油には

アブラナ油(キャノーラ油)や大豆油に比べても
多くのオメガ3脂肪酸(⍺-リノレン酸/ALA)が含まれています
(約60%がオメガ3脂肪酸)

このオメガ3脂肪酸
私たち人間の体内では生成することのできない
必須脂肪酸で食品から取り入れることが必要です。

 

油と聞いただけで種類に関わらず、
太る原因とか健康に良くないと思いがちですが、
油は健康を保つには必須のエネルギー源です。

さらに、体に良い効果をもたらす脂肪酸
含まれた油を普段の食生活から適度に取り入れることで、

細胞的なレベルから健康を保持する
働きかけをしてくれるのです。

 

バターやラードなどの動物性の脂肪
血液中の赤血球膜を硬直化するに対して、

オメガ3脂肪酸は血液中の赤血球膜を
逆に柔軟化する効果があります。

そのために血液・血圧関連の病状や心臓病関連の
症状などの予防に効能があるとされています。

 

オメガ3脂肪酸が不足すると
脳内の化学物質のバランスが崩れ、

多動性障害(AD/HD)や注意欠陥を
引き起こすという報告があげられており、

他の疾病からくる痴呆症うつ病などの改善や
予防効果に期待が寄せられています。

 

3種類のオメガ3脂肪酸

・α-リノレン酸(ALA)
・エイコサぺンタエン酸(EPA)
・ドコサへキサエン酸(DHA)

 

α-リノレン酸は体内でエイコサぺンタエン酸(EPA)と
ドコサへキサエン酸(DHA)を生産する原料となります。

ドコサへキサエン酸は脳・神経系の健全性を保つことで
知られており、学習能力を高める効果だけではなく、

認知症(アルツハイマー症/痴呆症)の
予防に有効と言われています

 

近年になって爆発的に増加したアトピー性皮膚炎や
花粉症などのアレルギー症状にも、

α-リノレン酸が
脳の化学伝達物質の代謝を抑える働きがある!

と言われていることから、
アレルギー体質の方にもお勧めされています。

えごま油はダイエットにも効果がる「油」!?

シソ科の植物である「えごま」から絞られたえごま油も、

他のシソ科の植物同様ポリフェノールの一種である
ロズマリン酸が含まれています。

ロズマリン酸はアレルギー性の症状を
抑える働きがあることで広く知られていますが、

最近では、体内での麦芽糖を吸収し
ブドウ糖に分解する酵素の活性化を
抑える働きがあることが解ってきました。

 

つまり、分解されなかった麦芽糖は
体内に吸収されることなく、
体外にそのまま排出されるので、

ダイエットで糖分を控えている方や
糖尿病などの方にも有効であるといえます。

えごま油のカロリーと一日の摂取量はどれくらいがいいの?

えごま油のカロリー
他の植物油と変わらない1gが9kcalです。

しかし、同じカロリーであっても含まれている栄養素は
上記のように数々の効能を伴っています。

 

厚生労働省によると一日当たりの
オメガ3脂肪酸の摂取量
成人で1.6g~2.4gとされています

えごま油には約60%のオメガ3脂肪酸が含まれていますので、
一日当たり小さじ一杯(4g)を目安にするとよいでしょう。

 

栄養豊富な「えごま油」を日々の食生活に上手に取り入れて、
バランスの取れた食事で健康を維持していきましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す