恵方巻きを節分で食べる意味や由来!具材が7種類の理由は?

                         086407

2月3日の節分の日。

豆まきと共に恵方巻き
食べる習慣が最近では定着してきましたよね。

その「恵方巻き」、
なぜ具材が7種類なのかご存知ですか?

そもそも意味や由来って??

意外と知らない
恵方巻きの具材の意味などをまとめてみました。

 Sponsored Links


恵方巻きを食べる意味や由来は??

まずは恵方巻きの
意味や由来について簡単にご紹介します。

恵方巻きとは2月3日節分の日に、
一人一本、その年の恵方を向いて、

願い事をしながら
黙々と最後まで食べる太巻きの事です

 

ちなみに、他にも
「恵方寿司」「丸かぶり寿司」など、

地域やお店によって呼び方に違いがあるそうです。

 

・なぜ太巻きなの?

恵方巻き、つまり太巻きは
海苔で巻かれていますが、

巻く=福を巻く

切らずに一人一本食べることで

縁を切らない

という意味を込めて
太巻きを食べるようになったそうです。

 

また、見た目が黒い棒に見える事から、

鬼に金棒=鬼の金棒を食べて鬼を退治する

という意味もあるそうです。


 

・なぜ2月3日に食べるの?

2月3日 節分の日は、立春

一年の始まりとされていて、
新年の元旦~2月2日までは
前年度の運勢が継続しているとされていたため、

新しい運勢が始まる2月3日
ゲン担ぎで恵方巻きを食べるようになったそうです。

 

・なぜ恵方を向いて食べるの?

「恵方」とは、その年の幸福を
つかさどる歳徳神のいる方角のことで、
神様がやってくる方角だから、とされています。

 

・なぜ無言で食べるの?

恵方巻きを食べながら願い事をしますが、

途中でしゃべってしまうと運が逃げてしまう、
縁を切らないお願いをする

などの理由から、無言で食べるようになったそうです。

 

「恵方巻き」には、いろいろな
意味や由来があったんですね!!!

なかなか無言で食べ続けるのは難しいですが、
一年の幸運を願って、頑張って無言で食べましょう!!

では次に恵方巻きの具材が
七種類の理由をご紹介します。

 Sponsored Links

恵方巻きの具材が7種類の理由は?

恵方巻きを用意する時、

スーパーやお寿司屋さんで買う事も多く
何が入っているのか?には注目するものの、

意外と7つの具材のが
巻かれていることを知らなかった!

なんて方もいるかもしれませんが、
「恵方巻きの具材は7種類」と決まっています

 

7種類の理由は
商売繁盛、無病息災を願い、

七福神に因んで7種類の具材を、
福を巻きこむという意味を込めて

恵方巻きには7種類の具材が巻かれているそうです。

 

ちなみに
7つの具材は何でもいいの?

と思いますが
具材は特定はされていないそうです

 

大正時代は漬物がメインだったようですが、
現在は・・・

・かんぴょう
・きゅうりやレタス、カイワレ
・しいたけ煮
・伊達巻やだし巻き、厚焼き玉子
・ウナギやアナゴ
・桜でんぶ

が主に使われます。

ギネス認定!きゅうりに栄養はない!?


 

最近では海鮮の恵方巻きなども人気があり、

サーモンやマグロ、イカ、エビ、イクラなどの
具材の恵方巻きも見かけるようになりました。

 

「恵方巻き」に知識は深まりましたか??

美味しい恵方巻きを食べて、
良い運を呼び込みましょう!!!!

Sponsored Links

コメントを残す