遠赤外線は健康効果もある?がんなど治療器としても注目!?

                         遠赤外線器具のイラスト

目には見えない光線ですが、

ぽかぽかと温かい温熱作用で
治療に使われる遠赤外線

いったいどんな効果があるのでしょうか?

遠赤外線の治療効果のついて調べてみました。

 Sponsored Links


遠赤外線とは健康にどのような効果をもたらすの?

光をプリズムというガラスに当てると、
七色の光がみえますね。

紫が一番波長が短く、
赤が一番波長が長いのですが、

太陽光線には、
これらの目に感じる光の他にも、

紫色より波長が短い紫外線
赤色より波長が長い赤外線が含まれています。

 

遠赤外線を使用した温熱治療器には、

身体の芯まで温めて、肩こり・腰痛に効き目があり、
筋肉の疲れを取ったり胃腸の動きを活発にする効果があります

これは遠赤外線の
「物を温めるのに優れている性質」を利用したものです。

遠赤外線の調理器具と食べ物への効果!

 

遠赤外線が発する波長(周波数)と、
人の分子の振動(格子振動)波長は一致するので、

他の光に比べて遠赤外線は
人を分子を活性化させ、体感温度を上げます。

 

しかし、遠赤外線は、物質の表面に吸収されるので、
内部から温めることはありません。

表面からの熱伝導によって内部へ熱が伝わります

だいたい皮膚の2㎛(マイクロメートル)の深さで吸収されて、
その後じわじわと身体の芯まで温めていくイメージです。

 

なので、遠赤外線は、身体の中まで届いて
治療に効果を発揮しているのではなく、

あくまでも「温熱効果が期待できる」というものです。

遠赤外線を吸収しやすい物質の代表は
セラミックスで、治療器にも使われています。

 Sponsored Links

がん治療にも遠赤外線は効果がある!?

がんの治療機器に遠赤外線が使われていますが、

これは赤外線に温める効果があるからで、
殺菌効果でがん細胞を死滅させているわけではありません

 

先述の通り、遠赤外線は
身体の表面までしか伝わらないので、

遠赤外線によるがん治療は、
乳がん・頭頚部がん・前立腺がんなど、

身体の表面に近い部分のがん細胞を
死滅させるのには効果があります
(がん細胞は42℃以上で死滅します)

 

一方、内臓にできた
がん細胞には効果がありません。

しかし赤外線で身体全体を温めることは、

体温を上げて免疫力を上げ、
がんの転移を抑える効果が期待できますし、

血流がよくなることで薬剤の細胞内への取り込みが良くなり、
抗がん剤の効き目がよくなることも期待できます

 

また、間脳を刺激して
エンドルフィン(自分用モルヒネ)の分泌を
よくするので、痛みが緩和されます。

 

遠赤外線に似た注目の治療方法がある・・・

赤外線には、遠赤外線のほかに
近赤外線があります。

近赤外線は、プリズムで見える
赤い波長と遠赤外線の間にあります。

この近赤外線は、遠赤外線に比べて
皮膚の内部までとどく性質を持っています。

 

現在では銀行の静脈認証や
脳活動の様子を調べる機器、

赤外線カメラや携帯の赤外線通信、リモコン、
食品の成分測定器などに使われています。

 

この近赤外線が、
最近がん治療に画期的な治療法を
もたらすことが期待されています。

マウスでの実験で効果が実証され、
現在治験の段階のようです。

画期的な治療法になるかもしれないので、
早期の実用化が望まれます。

 

Sponsored Links

コメントを残す