遠赤外線の調理器具と食材の効果!IHヒーターとの違いは?

                         炭焼きの画像

バーベキューなどで肉や魚を炭火で焼くと
3割増しくらい美味しくなりますよね。

これが炭火による遠赤外線効果です!

目には見えない光線の遠赤外線ですが、
なぜ、いつもの食材が美味しくなるのでしょうか?

今回は遠赤外線による料理の効果について!
その秘密に迫ってみましょう。

 Sponsored Links


遠赤外線調理による食材への効果は?

遠赤外線は七輪などの炭火などから発し、
ウナギ・サンマ・焼き鳥など、

表面はカリッと中はふっくらに焼くことができるので、
料理の仕上がりが美味しくなります。

 

また、旨味成分の香りを引き立てる
役目もするので、食材の良い香りを引き出します。

料理を美味しく感じるのは「匂いだ」
と言われるくらい香りは重要なので、
遠赤外線調理の大きなポイントだと言えます。

石焼き芋も遠赤外線を利用した方法です。

焼き芋に最適な芋や石の種類!

 

遠赤外線とは電磁波エネルギーのことを言います。

遠赤外線は、当たった物質に吸収されて
熱に変換し、温度を上昇させます。

つまり、物を温める効果に優れているのです。

石釜パン・石釜ピザという言葉をよく耳にしますが、
石釜は遠赤外線を吸収しやすいセラミックスで出来ていて、

遠赤外線の電磁波を、熱エネルギーに変えることで、
高温を実現して美味しく焼き上げています。

 

家庭用には、IHクッキングヒーターと見た目が
似ている遠赤外線クッキングヒーターというのがあります。

遠赤外線クッキングヒーターは、
ハンバーグ・ステーキなどの肉料理にも適していますが、

最大の違いは、海苔や餅をそのまま上に
載せてパリっと香ばしく焼き上げられる点です。

 

遠赤外線は、表面を素早く焼き上げ、
その余熱でじっくり中を加熱することができる
ので、
料理が美味しく仕上がります。

 Sponsored Links

IHヒーターと遠赤外線ヒーターの違いは?

IHも遠赤外線も電磁波である点は同じですが、

遠赤外線はIHに比べて発生する電磁波が極めて少なく、
ほとんど人体に影響がないと言われています

IH調理器の電磁波を気にする方にはおススメです。
(IHは40~2,000mG、遠赤外線は3.5mG)

 

遠赤外線利用の調理器は、
熱源と食品が直接触れないので、

表面が焼きすぎることなく適度な焼き目になり、
食品の昇温に必要なだけのエネルギーを与えるので

食材にとって最適な加熱調整がしやすく美味しく仕上がります。

欠点は、

・IHと比べると電気代が高い。

・熱が発生するので室温が上がる。
(IHは変わらない)

・IHと違い、コンロのフチが熱くなり、
 調理後も機器がしばらく熱い。

・IHと比べると、やや掃除が面倒。
(ガスよりは楽

などがあげられます。

 

遠赤外線とガス調理器を比べた場合、

ガスは水分を含みますが、遠赤外線はほとんど
水分を含まないので、表面がカリっと仕上がります。

魚を焼いた場合は、ガスに比べると
魚の内部まで熱が行きわたるので、
魚臭さが無くなり美味しく仕上がります

 

遠赤外線トースターの効果は?

遠赤外線を使ったオーブントースターは
以前から多くありますが、

最近は遠赤外線と近赤外線を使い、
美味しく仕上げる製品も出てきました

 

朝食用のトーストを焼くだけでなく、
野菜のグリル焼きを作ったり、
焼きたてパンも作ることが出来ます。

トーストは表面がカリッ、中がもちっと焼けるし、

買ってきた揚げ物を再加熱すると、
余分な油を落としてサクッと美味しく仕上がります。

 

Sponsored Links

コメントを残す