藤の花言葉の由来!別名や開花時期、ツルのまき方で種類が違う?

                         藤の画像

桜も終わってしばらくすると
紫色の花を連ねた藤の花が咲き誇りますね。

舞妓さんの初夏の簪(かんざし)にも
藤の花が使われるほど!

季節の花として古くより愛されています。

藤にはどんな花言葉があるのでしょう?

清楚で目にも静かな藤の花言葉についてご紹介します。

 Sponsored Links


藤の花の花言葉は?その意味や由来は?

藤の花の花言葉は、

・優しさ
・歓迎
・決して離れない
・恋に酔う

日本では紫色は高貴な色とされ、
平安時代を中心として愛されていました。

 

花言葉には色々説があり、
はっきりしないものですが、「古事記」に

”春山霞壮夫(はるやまのかすみおとこ)”が

母親が揃えた衣装により恋敵に先んじて、
美女を射止めるという話があります。

その衣装というのが驚きです!

弓矢や上着全てが藤のつるで作られていて、
全身に藤の花を下げたという出で立ち。

 

菊人形という
全身菊で覆われたものがありますが、

さながら「藤人形」の様だったのでしょうね。

こうした話しから、「決して離れない」「恋に酔う」
当てはめられたのでは無いか?

・・・と考えられます。

 

他にもつるが巻き付く様子など。

「歓迎」「優しさ」は藤の花が外国の方から見て
日本の和の風情を感じられる花!

としている意識が強く、垂れ下がる花姿と
頭を下げて迎え入れられる様な姿よりつけられたとされています。

 

接客業をされている方なら
お辞儀の角度も決まっていたり、

それが礼儀作法でも綺麗に見える
お辞儀の仕方があるほど・・・。

 Sponsored Links

藤の花には別名がある!?

の花はマメ科フジ属のつるを持った
落葉木本であるのはご存知だと思います。

花は長くしだれていて、
長いものは80センチにもなるとか。

一般的に見かけるこうした藤の花を
「下がり藤」と呼ぶ事があります。

 

他に同じ時期に「昇り藤」「立ち藤」
と呼ばれるものがあります。

『ルピナス』という花で、見た目に
藤の花を逆さにした様な姿をしています

園芸種も多いのでお花屋さんでも
見かけることが多いと思います。

 

ルピナスはフジ属ではありませんが、

同じマメ科の植物で、藤の花は
薄い紫色や濃紫、白、薄いピンクなどがありますが、

ルピナスの花色はとても豊富です

 

藤の開花時期はいつ?ツルのまき方で種類が違う!?

藤の花の開花時期は、
土地にも拠りますが4月~5月

また、藤のツルのまき方には2系あり、

上から見て時計回りなのが「野田フジ」
反時計回りなのが「山フジ」となっています

 

藤は日本固有種

植物学者「牧野富太郎」が野田フジを命名し、
大阪市福島区野田にちなんでいます。

一般的に見られるのが「野田フジ」で、
山に自生しているものを「山フジ」です。

 

藤原道長が藤を大変愛でたとし、
藤原北家の代表的な家紋に下がり藤があります。

さらに娘の彰子が一条天皇中宮定子の
難産による崩御により敦康親王を手元に引取り、

我が子同然に愛し育てた場所が、
平安御所内の飛香舎の1つ「藤壷」

 

源氏物語では親王を引き取る前に、
中宮を号した事もあり

藤壷で子育てをした事により、
「藤壷中宮(ふじつぼのちゅうぐう)」
重ねられているといいます。

 

Sponsored Links

コメントを残す