ふきのとうの栄養や効能!食べ方や下ごしらえのポイントは?

                         a1750_000004

まだ気温は寒いけど、
日差しが温かく感じる早春時期に
ひょっこり顔を出すふきのとう

古くより、その香りとほろ苦い味は
春の味として珍重されて来ました。

てんぷらやみそなどにして楽しみますが、
ふきのとうの栄養ってどんなものでしょうか?

春の恵み、ふきのとうの栄養などについてご紹介します。

 Sponsored Links


ふきのとうの栄養や効能は?

ふきのとうの気になる栄養成分。

特に注目したい成分は「カリウム」

とても豊富で
可食部100gあたり740mg含んでいます。

体内の余分な塩分を
体外へ排出する働きを持っていて、
高血圧やむくみを取り除く作用があります

 

また、独特な苦味は、

・アルカノイド
・ケンフェール

という成分で、アルカノイドは肝機能を
強化し、新陳代謝を促します。

ケンフェールは活性酸素や
発がん性物質を抑制する働きがあります。


 

芳醇な香りはフキノリドという成分で、

胃腸の働きを促進したり、
健胃効果があると言われています。

また、カロテンも含んでいて、390μg
レタスよりも豊富です。

葉酸160μg含み、
大根葉や小松菜よりも多く含みます。

 Sponsored Links

ふきのとうの栄養を効果的に摂取する食べ方と下ごしらえは?

ふきのとうはとてもアクが強い山菜です。
食べる前にはアク抜きが必要です。

ただ、天ぷらにする際は、
アク抜きは必要ありません。

 

アクの強さにより、
包丁で切ると断面が茶色く変色するので
切ったらすぐに水に浸しておきましょう

食べ方としては代表は天ぷら!

綺麗に広がる様に丁寧に開き、
色が変わったところがあれば取り除きます。

 

長期保存できるものとして、
ふきのとう味噌がおすすめです。

アク抜きをした後、熱湯で茹でてから
細かく刻み、味噌とみりんなどで合わせて

一緒に炒めまとめたら完成です。

ふきのとう味噌の作り方や保存方法!

 

ふきのとうでアレルギーが出ることも!?その他、保存方法は?

ふきのとうを食べた後に、

喉に違和感を感じたり蕁麻疹が出たり、
腹痛などを訴える事がありませんか?

ふきのとうでのアレルギーが考えられます。

 

原因はふきのとうの雄花の花粉によるものです。

雌花やふきのとうの周りにある
苞(ほう)にはアレルギーはありません。

花粉は熱や酸・アルカリに強いため
調理をしてもアレルギーを起こします

 

好きな方には辛いですが、

周りの苞(ほう)だけであれば食べられると思いますが、
花粉が付いていればアレルギーは起こります!

 

山菜採りなどでたくさん採った時は
アク抜きをした上で冷凍保存が出来ます。

ふきのとうを水洗いし汚れを取ったら、
鍋にふきのとうがかぶる程度の湯を沸かし

重曹を小さじ1/2程度を溶かし
ふきのとうを入れ1分程茹でます。

 

冷水にとり水を変え、
水が透明になったらザルにあけて
水分を絞りフリーザー袋に入れて冷凍します。

色鮮やかなまま冷凍が可能です!

天ぷらなどは難しいですが、
味噌や炒め煮などなら手軽に使えますよ!

Sponsored Links

コメントを残す