ふきのとう味噌の作り方や保存方法!賞味期限はいつまで?

                         ふきのとうの画像

春の香り・味を楽しめるふきのとう味噌

ほろ苦さとほんのり甘みで
ご飯のお供になりますが、
他に食べ方があるのはご存知でしょうか?

また、いざ家庭で作ってみようと
思った際の素朴な疑問など・・・

ふきのとう味噌についてご紹介します。

 Sponsored Links


マクロビオティックではふきのとう味噌は注意!?

マクロビオティック”という言葉を
ご存知の方も多いと思いますが、

いわゆる動物性は取らず穀物・野菜・海藻
といった食材を中心にした食事の取り方をいいます。

 

食物には「陰」「陽」があり、

「陽」は体を温める食べ物で、
「陰」は体を冷やす食材です。

夏場ならきゅうりなどが「陰」の食材の代表で、
利尿によって体を冷やす働きがあります。

 

また、調理法にも「陰」「陽」があり、
火を多く使い油や水を少なくし、

塩や醤油・味噌などの陽性の調味料を
使うといった「陽」の調理法を用いる事で、

「陰」の食べ物は「陽」に変わるので、
体を温める食べ物へと変わります。

 

・・・というわけで、
ふきのとうは「陰」の食材ですが、

味噌を使う”ふきのとう味噌”は、
「陽」の食べ物へと変わります

ふきのとうの栄養や効能!

 Sponsored Links

ふきのとう味噌の作り方は?保存保存や賞味期限はどれくらい?

ふきのとう味噌の作り方はとっても簡単!

使う味噌も一般的にお味噌汁で使う味噌で充分、
白味噌で作ってもおいしいです。

 

ふきのとう味噌レシピ

材料

ふきのとう…100g
味噌…大さじ4
みりん…大さじ2
砂糖…小さじ1~2

 

作り方

味噌やみりんはあらかじめ合わせておき、

洗ってみじん切りにしたふきのとうを、
鍋に油(ごま油などでも可)ですぐに炒めます。

油が回ったら調味料を入れてよく混ぜ合わせ、

1~2分ほど練る様に弱火で練り合わせて、
仕上げに砂糖を加えて完成です。

 

賞味期限ですが、熱湯消毒した瓶などで
10日~2週間ほど保存が可能、

冷めたら冷蔵庫で保管となります。

クックパッドで人気!ふきのとう味噌を使ったレシピ・活用方法

ふきのとう味噌を使ったレシピといえば、

味噌を使ったおにぎりや、
パンに塗って焼いてトーストなど、

もちろんそのまま温かいご飯に乗せて
食べてもおいしくいただけます。

アイディアレシピ満載の「クックパッド」から、
ふきのとう味噌を使ったレシピをご紹介します。

 

さわらのふきのとう味噌のせ

材料

・ふきのとう味噌…適量
・さわら…2切れ
・酒…大さじ2
・塩…ひとつまみ

作り方

さわらに塩と酒を振り、
さわらの皮目にふきのとう味噌をのせて焼く。

※魚以外では、鶏肉などにも塗って
香ばしく焼いてもおいしそうですね。

 

他にもふきのとうと味噌を使った
アイディアレシピがたくさんあり、

自家製ピザにふきのとう味噌を塗って焼いたり、
クリームパスタにふきのとうと味噌をプラスしたり、

既に味が馴染んでいるふきのとう味噌を使えば
簡単に味のアクセントになります。

ぜひ、お試しください。

 

Sponsored Links

コメントを残す