布団のカビ対策に!フローリングや畳、ベットに敷く場合は?

                         ƒvƒŠƒ“ƒg

気がつけば布団にカビ!

そのため新しく買い替えたり、
布団クリーニングに出したりしますが、
もうカビさせたくない!

布団をカビさせない方法には
どんなものがあるでしょうか?

今回は布団のカビ対策についてご紹介します!

 Sponsored Links


畳に布団を敷くときのカビ対策は?

畳に直接、布団を敷いている方、

今では畳ベッドなどもあり、
ご利用されている方もいらっしゃいますね。

畳はとても吸湿性のよい素材ではありますが、

梅雨時期や高温多湿の場合には
畳、寝具にカビを作らせます

体調やカビ予防に最適な湿度と不快指数は?

 

対策としては、畳に直に敷いている場合には
敷きっぱなしや、布団を畳んでそのままにしない事

畳ベッドの場合には、
ベッド下に物を置かない様にしたり、

畳を表裏を返したり、布団を半分にして
畳部分が見える様にすることで対策は出来ます。

 

晴れた日には布団を干し、
部屋の換気を行いましょう。

布団のカビ除去にはアルコール!?カビない方法は?

 Sponsored Links

フローリングに敷く布団のカビ対策にすのこがおすすめ!?

フローリングに直に布団やマットを
敷いている場合に

多く布団をカビさせることが多いです。

眠っている間の寝汗を布団が吸収し、
フローリングには湿気を発散させることが出来ないため、
布団などの寝具とフローリングの間に結露を作ります

 

窓や壁に出来る結露などと同じで、
冷たい床と暖かい布団の温度差で生じ、
そのままにしておくと簡単に布団がカビます。

壁の結露対策に!カビないためには?

 

特に最近多い多層式高性能ポリエステル布団は、
湿気をよく通すため、油断すると床下に
湿気がたまるので綿の布団以上に注意が必要です

 

床と寝具の間に”すのこ”を敷けばよい!

と言われていますが、
実際にはこれだけでは安心できません。

すのこを敷いてもカビる原因を対策しなければ
何をしても意味はありません。

 

対策としては、最低でも毎日布団をめくったり、
布団を天日干ししたりマットを上げるなど、
湿気をしっかり逃す工夫が必要です。

梅雨時期や冬季などは
布団乾燥機を活用しましょう。

フローリングのカビや黒ずみの取り方!

 

それでも出来れば湿気対策として
毎日寝具はめくること!

ペットボトルで手軽に湿度を下げる方法!

布団の中綿にも結露は生じているもので、
なかなか乾きづらいものです。

中綿のカビ汚染には布団専門のクリーニングで
すっきりリセットさせるのが一番です。



ベッドの布団のカビ対策はどうすればいい?

ベッドマットレスは
現在かなり通気性のよいものが出ていて、

マットレスをあげなくても大丈夫!
という触れ込みも多いです。

 

中にはそうしたものではなく、
安価なものもあるので一概には言えませんが、

出来れば定期的にベッドとマットレスの間に
空間を作り風を通してあげる事は必要といえます

それでもカビが発生する様であれば、
湿度と室温の原因と考えられます。

 

天気の良い日に窓を開けて換気をしたり、
出来ない場合には除湿機を設置するなど、
空間自体の湿度を安定させることが必要です!

閉め切った部屋は空気も悪く、
病原菌なども、とどまる原因にもなりますので、
適度な換気・除湿は必要です!

Sponsored Links

コメントを残す