冬アレルギーの原因と症状!鼻炎との違いや対策方法は?

                         086183

花粉の時期は終わったはずなのに、
アレルギー症状が起きる事ってありませんか?

急に、くしゃみや鼻水が出始めて、
鼻炎にでもなったか?と間違うものです。

 

風邪薬を飲んでも症状の緩和につながらないなど、
実は、冬アレルギーなのかもしれません。

今日は冬アレルギーについてまとめました。

 Sponsored Links


冬アレルギーとはどんなもの?原因は?

花粉症でも鼻炎持ちでもないのに、
くしゃみや長引く鼻の不調が続く場合には、
冬アレルギー(寒冷アレルギー)の可能性があります。

冬によくみられる症状で、
別名スキーヤー鼻とも呼ばれます。

 

原因は、鼻粘膜の神経が過敏になって、
温度変化など環境変化に反応して症状が出ます

急に冷たい空気を吸い込んだ時や、
寒い外から温かい室内に入ったときの
温度差により、鼻の不調が始まります。

 

”冬アレルギー”と言われはするものの、
アレルギー反応との繋がりは証明されず、

検査を実施してもアレルゲンが見つからない事が
診断のカギとなっています。

 Sponsored Links

冬アレルギーの症状は?鼻炎とは違うの?

冬アレルギーの症状は、
くしゃみ鼻水鼻づまり

アレルギー性鼻炎とよく似ている
症状であるのが特徴です

 

秋頃の寒暖差で起こる
寒暖差アレルギー”と同じ類であり、

冬アレルギーも含めて
季節性アレルギーと括られています。

 

通年症状が出て、アレルゲンが明確である
アレルギー性鼻炎とは異なり、

温度変化などの環境の変化に反応して
こうした症状が出て、しばらくして

体がその変化・温度に慣れて来ると
症状が治まって行くのが特徴です

 

そのため、冬の間の起床時や、布団から出た時、
外出時玄関を出た瞬間や、帰宅後部屋が
暖まって来た時などに症状が出ることが多い様です。

鼻風邪の治し方!

 

冬アレルギーの対策、予防方法は?

冬アレルギーの症状を起こさない対策や予防は、
血管の収縮などが柔軟に行える体作りが必要といえます。

他に温度の変化に、こまめに対応することなど
その他で症状を起こしにくくすることができます。

 

例えば、寒い時には体は体温を逃がさない様にと
血管を収縮させたり、暑い時には血管を広げてと
体温を一定に維持する様にコントロールします。

 

これには自律神経の働きが重要で、

・ストレス
・不規則な食生活
・睡眠不足

などを改善することで、自律神経の
働きが正常に保つ事が出来るので、

急な温度の変化にも対応出来る様に
働きかける事ができます。

 

また、自己判断は避けて、症状に応じて
耳鼻科でアレルギー検査を受けましょう

鼻粘膜が過敏になるのを抑える薬や、
自律神経調整薬といったものが処方されます。

他には襟元を覆ったり、上着の脱ぎ着などで
寒暖の差をなくす様調整が必要です。

子供の鼻水や咳、病院は何科?

 

寒暖の差だけではなくて、
タバコの煙や香水・化粧品などの刺激や、
アルコール摂取・ストレス
といったものが
引き金になることもあります。

自律神経のバランスを整えるために、
十分な睡眠や食事と生活リズムを見直す事が大事ですよ!

 

Sponsored Links

コメントを残す