夏至の食べ物はタコや冬瓜!?四国・香川では名物の物が風習に!?

                         ひやむぎの画像

日本には古くから季節の変り目や
その瞬間に名称が付いていますね。

中でも「この日から本格的な夏ですよ!」
との意味である『夏至(げし)

同じく冬には「冬至(とうじ)」があり、
ゆず湯に入ったり かぼちゃを食べたりしますよね。

実は、夏至もその日にちなんだ食べ物を
食べる習慣がある地域があります。

どんなものを食べるのか、その意味は?

今回は、夏至の食べ物などについて解説したいと思います。

 Sponsored Links


四国・香川で夏至の時期での食べ物はご当地名物のアレ!

夏至6月中旬頃にありますが、
古くは田植えの時期であったため、

ゆっくりと食事をしている事も
少ない事からあまり根付かなかった様です。

夏至は6月20日頃~22日の間に迎え、

さらに夏至が終わった11日後
「半夏生(はんげしょう)」までが田植えの最盛期です。

 

どちらかと言えば、

田植えが終わった後に食べるものとして、
香川県では「うどん」を食べる風習があります。

ちょうど小麦の収穫も終え、お疲れさまの意味で
特産である「うどん」で労を労ったといいます。

夏至にという訳ではありませんが、

半夏生を境に香川製麺事業共同組合が
「うどんの日」と制定しているほどです

 Sponsored Links

夏至の定番の食べ物と言えばタコ?

夏至に食べるものは
案外と知られていないのが現状ですね。

しかし、一部の土地では風習として残っています。

 

 関西では「タコ

夏至から半夏生の間に関西では、
タコを食べる風習が根強く残っています。

明石沖ではタコが旬を迎える事から
この期間にタコを食べる様になったとか・・・。

たこ焼きやお好み焼き、明石焼きでも
お馴染みの具材ですよね!

 

タコの強い吸盤がよく吸い付く事から

田植えにちなみ地に深く根がしっかりと
根付く様にとの願掛けであるようです

脚も8本、縁起のよい数ですし、

疲労回復に効果のあるタウリンを含んでいるので
利に叶った夏至の食べ物なのです。

 

 福井県では「焼きサバ

食べる期間は同じく夏至~半夏生

福井県大野市では田植えが終わる頃に
栄養豊富なサバを食べられていました。

これは大野の殿様から一生懸命田植えをする
農民たちに薦めたのが由来です。

 

 餅を食べる地域

関東地方や奈良では小麦で作ったを食べたとか。

奈良県では小麦ともち米を混ぜた
「半夏生餅」を作り豊作を願いました。

関東では小麦餅を焼き、神様に供えたり
田植えを手伝ってくれた方へ 配ったりした様です。

 

他にも利尿作用や夏バテ防止によい
冬瓜」を食べたといいます。

冬瓜の栄養や効能は健康・ダイエット効果も!

 

夏至の頃に北海道では白夜が起きる?

 

この夏至を迎える頃、北海道では
「白夜(はくや)(びゃくや)」が見られるかも?

白夜は北極や南極に近い地方で起こる自然現象で、
残念ながら北海道では見ることはできません。

 

確かに北海道の夏は夜中の3時頃から
東の空が白んで明るくなり夜が明けてくることから

本州や、九州、沖縄などに比べれば、
夏の一日が長いことと、

大流行した「知床旅情」という歌詞の中に

白夜が出てくることで、北海道でも白夜が
見られると勘違いされることが多いようです。

 

しかし、北海道の短い夏を楽しむ催しとして
白夜祭り夏至祭りなどが行われています。

 

Sponsored Links

コメントを残す