鼻血の対処方法!子供や妊婦、止まらないときは冷やすべき?

                         はなじ

突然出てしまった鼻血の対処
案外と知られていない様ですね。

突然、子供が鼻血を出した!!
そんな時に助かる対処法!

鼻血が出る原因も様々あると思いますが、
今日は鼻血の対処についてご説明します。

覚えておいて損はありませんよ!

 Sponsored Links


子供の鼻血の対処方法は?冷やすといいの?

鼻血は、鼻腔内のキーゼルバッハ部位という
血流豊かな粘膜から出るのがほとんどです。

鼻をいじっていたり、ぶつけたり、
強く鼻をかんだりして出血することが多いと思います。

急な鼻血においては、
大人も子供も同じ対処法です。

 

顔は上に向け過ぎると、
血液が喉に流れ気分が悪くなります。

まずは普通の姿勢で座る様にします。

逆に顔を下に向けすぎると、
血液がうっ血して出血量が増えます

乳幼児など自分で座る事が出来ない
時期のお子さんは、親御さんの膝などに
いつも通りに座らせましょう。

 

小鼻の部分を親指と人差し指で
つまんで圧迫します。

圧迫の目安は15分

この際、鼻に詰め物をすると詰め物を
取る際に凝固した血液(かさぶた)も剥がして

再度出血させる原因などにもなるので、
流れた鼻血はウェットティッシュや
柔らかなティッシュで鼻周辺などを拭うのみにします。

 

鼻を冷やす事で肌表面から血管を
収縮させる方法も
止血をする意味で方法の1つです。

また、口の中まで血液が回って来た場合には、
飲み込むと気分が悪くなることになる
ので、

うがいなど、うがいができない乳幼児の場合には、
濡らしたガーゼなどで口の中を拭ってあげましょう。

 Sponsored Links

止まらない鼻血の対処方法は?

鼻血が出て30分を目安に、

または、洗面器一杯の鼻血が出た場合には、
病院や場合により救急車を呼ぶ様にします。

 

鼻血は鼻をいじったり、かんだりして起こる
外傷性以外に、

・出血性疾患
・血友病
・白血病
・再生不良性貧血
・高血圧症

などがあります。

 

稀に動脈からの激しい出血などもありますので、

今までに経験したことのない鼻血が出た場合には
油断せず医師の処置を受けましょう。

妊婦の鼻血の対処には?

妊婦さんと鼻血は案外と繋がりがあります。

妊娠初期・妊娠後期に多く、
体の中で大きな変化がある時期に見られます

 

ホルモンの影響で粘膜がむくんで
鼻血が出やすく、さらに血液が増えて
血圧も高めになっていることから起こります。

血液が固まりにくく、
鼻の薄い粘膜から出血したり、

体温の調整を司る自律神経にも影響を与え、
のぼせなどから鼻血が出る事があります。

 

妊娠中5人に1人は経験することの様なので、
案外と多くいらっしゃることになります

まずは止血を行い、しばらく安静にしましょう。

無理に動けばまた血圧が上がったと同時に
再発することがあります。

 

また、通常量の鼻血であれば赤ちゃんに影響はなく

鼻血が出る回数が頻繁であったり
なかなか止まらないなんてことがあった場合には、

妊娠高血圧症や、貧血症
原因であったりする事もありますので、
受診することをおすすめします。

 

Sponsored Links

コメントを残す