子供の鼻水や咳、病院は何科?長引くときや熱が続くときは??

                         082243

子供の鼻水や咳が出るのを見ると、
真っ先に疑うべきは通常風邪と呼ばれる
上気道の炎症です。

体に不要なウィルスや病原体を
外に出す役割を持っているのが鼻水や咳ですが、
辛そうな子供を見ると、止めてあげたいと思います。

 

今回は子供の鼻水や咳についての情報を
まとめてお伝えしていきます。

 Sponsored Links


子供の咳や鼻水、病院は何科で診断してもらうの?

熱や下痢などが中心の場合は、
小児科や内科のほうが優れていますが、

鼻水という症状が中心の場合、
直接、鼻や喉の奥を診てもらえる
耳鼻咽喉科に行くのをお勧めします。

 

これは、子供の風邪と併発しやすい
中耳炎のチェックはもちろん、

喉を潤して少しでも呼吸を楽にし、
溜まった鼻を吸引して蓄膿を回避するためです。

 

喉に痰が絡むのは、鼻から喉に鼻水が流れているからで、
鼻を吸引してもらうと咳が楽になります。

咳がひどい場合は、胸の音を聞いて、
喘息かどうかも判断してもらいましょう

咳喘息はうつるの?診断するときは何科?

 

また、家庭でのケアも重要です。

風邪が流行る冬に、暖房で乾燥しやすい
室内で加湿器を使い湿度を高めます

ウィルスは乾燥を好むので、
水分補給のためにも頻繁に水を飲ませることや、
喉の潤いを保つマスクをつけることも有効です。

 Sponsored Links

子供の鼻水や咳が続くとき、長引くときは?

風邪の終わりには、鼻水や咳が
徐々に少なっていくものですが、

子供の場合、傷ついた粘膜の再生が遅く、
また新たに病気にかかってしまう心配があります。

 

鼻水や咳が長引いている場合は、
再度、耳鼻咽喉科を受診するほうがいいです

可能性としては、
風邪、アレルギー、副鼻腔炎、喘息など
いくつか考えられます。

頭痛などを伴う場合は、レントゲンを撮って
医師の診断を仰ぐ必要があります。

子供の副鼻腔炎の原因は?
 

鼻が詰まると呼吸がしにくく、
咳が出ると夜も眠れないとなると、
慢性的な睡眠不足になる可能性があります。

ぐっすり眠ることができないと、
自分で直そうとする力を発揮できません。

 

もう治りかけだと安心せず、
鼻の吸引や喉の加湿のために
耳鼻咽喉科に訪れるようにしたいものです。

酷い咳や止まらない咳を止める方法!

 

鼻水や咳以外に微熱、高熱が出る場合は?

鼻水や咳以外に熱が出るときは、
風邪の他に、気管支炎肺炎の可能性、

腹痛などを伴う場合は
急性胃腸炎なども考えられます

 

また、突発性発疹、麻疹、水疱瘡などの
ウィルスによる感染症も発熱を伴うことで有名です。

このような場合は、総合的に見てもらうため、
小児科内科を受診するほうがいいです。

 

受診の際は、熱はもちろんですが、
その他の症状が重要となります。

いつから、どのような症状があるか、
できるだけ詳しいほうが判断材料も増えます。

 

保育園や幼稚園、学校などの
集団生活では感染の機会も多いので、

周りでどのような病気が流行っているのかも
医師に伝えるようにしましょう。

Sponsored Links

コメントを残す