初冬の候の意味や使う時期はいつからいつまで?結びや例文は?

                         冬の街の画像

季節を表す挨拶に初冬の候
というものがあります。

なんとなく使う時期は、
言葉から察する事はできますが、

実際に使う時期などはご存知でしょうか?

以外と知らない時候の挨拶、
初冬の候」についてご紹介します。

 Sponsored Links


初冬の候の意味や由来は?

”初冬”(しょとう)とは、その文字から解る通り

冬の始まりを意味しており、陰暦10月の異名、
”はつふゆ”とも呼ばれます。

由来は明確ではありませんが、

この言葉の通り冬の訪れを感じたままを
言葉にしたものだと思います。

 

秋の風よりも空気も乾き、
張りつめて朝には霜が降り始める・・・

夜もかなり冷え込んで布団の枚数が増えたり、
寝起きに布団から出るのに躊躇する

そんな時期の様にも思います。

 Sponsored Links

初冬の候を使う時期はいつからいつまで?

時候の挨拶には、
はっきりした定めのないものも複数あり、

現状の季節感を感じた頃に使う!
なんていうものもあります。

では、「初冬の候」は
いつ・どんな時期に使うとよいのでしょう?

 

使う目処として1つには”二十四節気”という
季節を期間で分けたものがあります。

陰暦10月の異名である初冬は、
新暦である現在とおよそ1ヶ月の開きがあり、
二十四節気はこの”陰暦”を元に作られています

二十四節気で冬の始まりを表すのが
「立冬」で、毎年11月7日頃にあり、

冬至に入る前に「大雪」12月7日頃であるため、
その間の期間が丁度よいと言われています

 

ともなると時期として使われているのは、
11月上旬~12月中旬が頃合いということになります。

地域によっては気温の差から
季節感に違いがありますので、配慮が必要です。

例えば東北や北海道の方へ手紙を送る際には

時候の挨拶「初冬の候」を使うのは
11月いっぱい程度にするなど・・・

 

初冬の候を使った例文は?結びはどうするの?

俳句では「初冬」季語としており、
使用する時期は12月上旬と決まりがあります。

俳句は時候の挨拶よりも
細かなルールが定められています。

 

時候の挨拶を用いた手紙には、
”書き出し””結び”とがあり、

書き出しは時候の挨拶と共に相手の安否をうかがい、
結びでは相手を気遣う文で結ぶという意味があります。

 

例えば、書き出しの文例には、

・初冬の候、皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

・初冬の候、日一日と寒さが増してきておりますが、
 皆様、お変わりございませんか?

 

また、結びの文例には、

・寒さが一層厳しくなって参りますが、
 皆様、お元気で良い年末年始をお迎えください。

・空気が乾燥して参りますので、
 どうぞお風邪など召されませぬように・・・。

といったこの時期に流行しはじめる風邪や
インフルエンザなど罹らない様にといった
相手への気遣いで閉じるのが結びの文です。

 

Sponsored Links

コメントを残す