初節句のお祝い!金額の相場や渡す時期はいつまでに?のしは?

                         077176

色々なお祝い事が
日本では古くより行われますが、
その度にご祝儀を包む事が多いもの。

初節句はいくらくらい包むものでしょう?

いつ頃贈るもの?相場は??

初節句のお祝いについて解説します。

 Sponsored Links


初節句のお祝い金額の相場は?渡す時期はいつ?

初節句は
女の子のお子さんであれば桃の節句

男の子のお子さんであれば端午の節句

誕生から1年後くらいで迎え
お祝いするものですが、
現金を包む事が多い様です。

 

しかし立場によっても金額は様々。
包む金額に困った際に参考にしてください。

金額の相場

祖父母・・・5~30万(節句人形購入の軍資金として)

親戚・兄弟・・・5000円~1万円

友人・知人・・・3000円~5000円

 

現金もしくは商品券などでも可能で、
お祝い当日でも可

祖父母の場合には節句を迎える
1ヶ月以上前に贈るのが一般的の様です。

 Sponsored Links

初節句のお祝いを孫に贈る場合は?兄弟の場合は??

孫が生まれた時には嬉しさのあまり

金額よりも節句人形を
直接贈る事の方が多い様です

その場合にはご祝儀を贈る必要はない
と言えますが、奥様・ご主人様両家の

ご両親からともなると
なかなか難しい事もある様です。


 

両家の連絡が頻繁な場合には折半であったり、
どちらかの祖父母が節句人形、

もう一方では先に行われる
お宮参りの衣装を調達など
分担しているところも多い様です。

お孫さんは両家の大切な宝ですから、
どちらもお孫さんへの愛情は大きな物です。

 

もしも片方のご親族が揃えてくださるのであれば
一方のご親族様はお金を包むでもよいのでは?

特に決まり事ではありません

両家で話がまとまらなかったりする場合には、
節句人形はお孫さんの親であるご夫婦にまかせ、

節句人形の価格の半分程度か同等の
ご祝儀を贈ればよいのではないか?
と言えます。

 

兄弟の場合は贈る側の金銭問題もあります。

就職前の学生であれば、
お金を包むということも難しいと言えますので

ここは気持ちで、
手頃なプレゼントを贈るのもいいと思います。

お節句にちなんだ置物や、
季節のお花だっていいと思いますよ!

 

初節句のお祝い用ののしは?品物で渡すときは??

のし紅白の蝶結びを選びましょう。

表書きは

『御祝』
『初節句御祝』

・桃の節句:『初雛御祝』 『祝御初雛』

・端午の節句:『初幟御祝』 『祝御初幟』

 

品物は、
やはり桃の節句であれば雛人形

端午の節句は
こいのぼりや五月人形、鎧兜など。

こうした節句ものは祖父母からが多いです。

 

他の品物を送る場合は節句の日の
1週間前までに贈る様にします。

お子さんが喜ぶ様なおもちゃや
ぬいぐるみなどを選ぶ方も多い様です。

 

また、贈られたらお礼を送り返しますが、

内祝いは頂いた後、
早めにお返しするのがマナーです

 

Sponsored Links

コメントを残す