日焼けで赤くなる原因!黒くなる人との違いや痛い時の対処やケアは?

                         日焼けイラスト

海辺やリゾート、陽射しの強い日のお出かけ後、
肌が赤くヒリヒリと痛む事がありますよね。

私もそんな1人なのですが、
どうして赤くなるのでしょうか?

黒くなる人と赤くなる人の違いは?

日焼けで赤くなる原因や
対処方法、ケアの仕方など、今日はご紹介します。

 Sponsored Links


日焼けで赤くなる原因は?色白の人が起こりやすい!?

 

日焼けで肌が赤くなる原因というのは
肌が白い人に起こる症状で、

紫外線(UVB)によって、
肌細胞に傷がついて起こります。

色白の方や肌が弱い方はUVBから
肌を守ろうとするメラニンの生成の早さが遅く

紫外線への耐性が低いため
細胞に傷がつきやすく赤くヒリヒリと痛みが出ます

日焼け後の痛みに3つの対策!

 

酷くなると水ぶくれが起こり、
皮がめくれた状態にもなります。

この状態を日光皮膚炎といい、
いわゆる”やけど”と同じ状態であります。

 Sponsored Links

日焼けで赤くなる、黒くなる人との違いは?

『日焼け』とよく言われる状態は、
太陽の陽射しによって肌が

”赤くなる””黒く焼ける”といった事を
差している言葉で使われていますが、

本来の”日焼け”とは、
肌が赤くなる事を差しています

 

肌が赤くなることを「サンバーン」
肌が黒くなることを「サンタン」

ともよび、肌が赤くなる原因については
前でお話しした通りですが、

肌が黒くなる人は、焼けた訳ではなく
メラニンが大量に作られただけであるため、

本来の”日焼け”ではありません。

 

肌が黒くなる原因は「UVB」

肌を紫外線から守るためにメラニンを多く作り
紫外線の耐性も強く痛みも伴わず黒くなるだけです

 

こうしてみると”サンタン”の方が
肌によさそうに見受けられますが、

メラニンの過剰生成はシミ・ソバカス
といった肌のトラブルが起こりやすいのです。

浴び続ければ肌の老化現象が
起こるのでケアが必要になります。



日焼けで赤くなった場合のケアや対処方法は??

日焼けで赤くなった状態は、火傷と同じとお話をしました。

そのため赤くヒリヒリと痛みますので、

・冷やしたタオルなどで患部を冷やす
・患部に化粧水などで保湿

といった事が大切です。

ただ、化粧水が滲みる場合には厳禁!

 

また、水などでパックされる方がおりますが、
水は蒸発した際に肌の水分までも奪いますので、

アルコールなどが入っていない保湿化粧水や
ボディ用の化粧水で保湿をするとよいでしょう。

熱と痛みは冷やす事で再発し、
さらには衣類で擦れたりすれば同様。

そのため、赤みや痛みが引くまで
こまめに冷やす事と保湿を行う事がポイントです

日焼け後は白色ワセリンが効果的!副作用は?

 

放置しておけば肌のトラブルに繋がったり、
痛みが長期化することも・・・。

また、皮が剥けて来ると思いますが、

無理に剥がすとシミになりますので
自然と剥がれるまではそのままにしましょう。

 

また、日焼け止めの防御力は
それほどではないため、赤くなる方は、

日焼け止め+肌の露出を極力避ける

といった対処法がおすすめです。

日焼け止めを塗る順番はハンドクリームやメイクの化粧下地の前?後?

 

Sponsored Links

コメントを残す