日焼けで頭痛や吐き気が起こる原因!対処法は?頭痛薬ではダメ?

                         138038

日焼けは肌への影響もありますが、
時には頭痛も引き起こす事があります

普段つかう鎮痛剤で治るのか?

日焼けによる頭痛
原因や対処についてご紹介します。

 Sponsored Links


日焼けによる頭痛の原因は日光と関係がある!?

日焼けによる頭痛の原因は、
紫外線や太陽熱、光の刺激が元になり起こります。

頭痛を引き起こしときには発熱も引き起こします。

 

紫外線は皮膚を焼く以外にも身体を疲労させる働きがあり、
さらに熱い気温によって体力を奪う・・・

そして眩しい太陽光は視覚により刺激を受けて
眼精疲労と共に頭痛を引き起こす

といった体調不良の連鎖を起こします。

紫外線による目の影響や病気!

実際にアメリカでの研究機関の報告にも
気温上昇により片頭痛を引き起こす事も言われています。

 

ある意味、熱中症などの初期の症状でもあるので
夏場の外出時には水分の補給は非常に重要です。

水分不足で血液の流れが滞ることでも
頭痛は引き起こすのでこまめな水分補給が必要です。

日焼けだけが原因ではなく室内であっても気温が上がることで
体力消耗や体温を上昇させる事は考えられます。

いつもよりも水分をとることに気をつけましょう。

 Sponsored Links

日焼けは頭痛だけじゃなく吐き気がすることも?

紫外線などによる頭痛には、
他にも吐き気を伴う症状を引き起こす事もあります。

その場合には「紫外線アレルギー」の可能性もあり、

紫外線を浴びた後に
頭痛や吐き気、下痢や湿疹・蕁麻疹を伴います

あまりに外出した際に酷い体調不良を引き起こす場合には
アレルギー検査を行い、適切な対処をする必要があります。

 

もちろん自身で出来る対策も必要です。

外出の際には日焼け止めや帽子、日傘などで
しっかりとした紫外線対策を!

日焼け止めを塗る順番!下地の前?後?

長袖の衣類を着用して熱中病になる
・・・といったこともあるので、

紫外線対策を行う際の衣類も
通気性のよいものを選ぶ様に心がけてください

 

家の中でも紫外線を浴びる事は多いです

室内の場合には直接紫外線が入らない様に
遮光カーテンやUVプロテクトされている
レースカーテンや障子を閉めるなどで防げます。

また、室内でも日射病熱中症
引き起こす事は多いにありえます。

暑い日であってもエアコンを付けない!
などといった事で起こるので無理はせず、

午前中の暑い時間はエアコンや扇風機などで
室内の温度を下げる事も必要です

熱中症の頭痛や吐き気に効く4つの処置

日焼けによる頭痛の対処法は?頭痛薬は効くの?

日焼けによる頭痛の対処法については、
まずは頭を冷やす事!

日焼け部分が痛む場合は患部も冷やす様にしてください。

保冷剤や冷やしたタオルなどで
充分に冷やす必要があります

日焼け後の痛みに3つの対策!

 

頭痛が治まらない場合には

バファリンやロキソニンといった鎮痛剤で
痛みを緩和させる事は可能だと思いますが、

ただ薬を飲むだけでは解決にならないので必ず冷やす様にし、
軽く眠るという方法も痛みを和らげる方法の1つです

なかなか頭痛が治まらない場合には、
病院にて診察を受けましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す