ホットカーペットの電磁波による危険性や影響は?赤ちゃんや妊婦も安心!?

                         282447

何かと電気を帯びるものには
電磁波が気になる方もいらっしゃいます。

冬を温かく過ごす家電であるホットカーペット
直に触れるものとして電磁波の危険性とは?

ホットカーペットの電磁波について
どんなものか調べまとめてみました。

 Sponsored Links


ホットカーペットの消費電力や電気代!電磁波の危険性は?

足元から温めてくれるホットカーペット

我が家でも冬に大活躍してくれる暖房器具ですが、
何かと電化製品について回るのが電磁波の影響。

特に消費電力の大きいものは、
家電よりも外部から受けるものも多く、
高圧送電線や変電所などの近くは注意が必要となります

 

では家庭内ではどうか?

家電が多い世の中で電磁波から逃れる事は難しく、
IHクッキングヒーターや電子レンジ、
エアコンなど身近な物でも電磁波を発しています。

ホットカーペットの消費電力は
近年エコ機能なども搭載しており一概ではないですが、

2畳用でおよそ225Wh~311Wh程度、
1時間あたりの電気代約5~8円と割と安価です。

電気ストーブ1時間の電気代!エアコンやこたつと比較

 

消費電力はそれほど強くはないのですが、
直接肌に触れ長時間使用するので、
ホットカーペットによる電磁波の注意がされている

・・・といった感じになります。

 Sponsored Links

ホットカーペットの電磁波による影響とは?

電磁波による人体への影響について!

色々調べてみると科学的に証明されていない面があり、
総務省でも安全性について詳しく紹介しています。

電磁波の値のうち300万MHz(メガヘルツ)以下の
周波数に際して電波と言います

これには電波法という規定がされています。

 

電磁波は古くより身近にあり、例を上げれば
太陽や雷、赤外線など同様にとても身近です。

つまり家庭にある家電などは
非常に強いエックス線などと比べると

その周波数はかなり低く小さいので物質を
電離出来ない非電離放射線という仲間になります。

 

私達が生活をしていく上で必要な電波に対し、
総務省では過去50年にも渡って国内外の研究されてます。

その結果に基づき、規制や基準値を定めているので
ずっと安全に過ごせているというわけです。

ホットカーペットは洗濯できる?洗い方は?

赤ちゃんや妊婦もいるし心配な場合は電磁波カットシート

それでも心配!
・・・という方は少なくないと思います。

どれだけ国が安全だと言っても
神経質になってしまう方に対して否定はしません。

特に赤ちゃん妊婦さんともなれば、
色々と心配がつきないと思います。

 

現在では電磁波カットのホットカーペットもあります。
気になる方はチェックしてみてもよいでしょう。

ただ、それ以上にホットカーペットの上で
眠ったりする方が危険です

低温火傷脱水症状
引き起こす可能性があるので注意しましょう。

低温やけどの水ぶくれの処置!

電磁波以上に強いレントゲン撮影などでも
胎児や母体へ特に影響を受けるものではないです。

 

Sponsored Links

コメントを残す