ほうじ茶の効能は冷え性や殺菌効果も!緑茶からの作り方は?

                         ほうじ茶の画像

お茶も色々ありますが、
今日はほうじ茶の効能について注目!

TVなどでも話題になっていますが、

ほうじ茶が持つ
本当の効能についてまとめてみました!

 Sponsored Links


ほうじ茶の効能には殺菌や利尿作用が?妊婦や冷え性にもいい?

ほうじ茶の主な効能

・発がん抑制作用
・抗酸化作用
・血中コレステロールや血圧上昇抑制
・虫歯や口臭予防
・覚醒作用
・利尿作用
・風邪予防
・美肌効果

他にもまだまだ沢山あります。

 

しかし、茶葉を強火で炒って作られるため、
”お茶”として言われる効果のほどは弱めです

個人差などもあるので
体に優しく作用するものとして

小さなお子さんからご高齢の方、妊婦さんや
授乳中のママさんにも安心して飲む事ができます。

 

また、カフェインの量が緑茶などより弱い面で
体を温め、冷え性などにも効果があるとしていますが、
これは温かくして飲んだ場合に限ります。

便秘に関して言うと直接効果をもたらしそうな
食物繊維などは含まれておらず、

内臓を温める+飲み口がよいので水分補給により、
腸の動きがよくなるといった面では無くもない話です。

ほうじ茶の栄養効果とカフェインは?副作用はないの?

 Sponsored Links

緑茶でほうじ茶が作れる!?その作り方は?

NHKの人気番組「ためしてガッテン」では、
ほうじ茶について”リラックス効果”があると放送していました。

ほうじ茶と緑茶を飲んだときのそれぞれの
脳のリラックス度を調べたもので、

お茶にはリラックス効果のある「テアニン」が豊かで、

緑茶の方が含まれている量が多いのに、
ほうじ茶を飲んでも同じリラックス効果が得られたとのこと

 

ほうじ茶に含まれる「テアニン」の量は
驚きの緑茶の”100分の1”とわずか!

また、焙じている際の香りにも
リラックス効果があり、

飲んだときと変わらないくらい
効果があると実証しました。

 

ほうじ茶の香りには若草や柑橘系の香り、
花やナッツ、コーヒー豆といった

たくさんの香りが火にかけるたびに出ている事が判明し、

お茶自体300種類以上もの香り成分がありますが、
普段は茶葉の中で閉じ込められた状態。

しかし、ほうじ茶にすることで開放され、
お湯にも抽出されることで

うまみと香りいっぱいの贅沢なお茶であるとしています。

 

お家で余った緑茶を手軽に
ほうじ茶にする作り方があります。

1.フライパンを強火で30秒温め
   水に濡らしたふきんの上に2秒乗せる。

2.火を止めたコンロにフライパンを戻し
   緑茶15g(大さじ3倍)を広げる様に入れて蓋をし2分半待つ。

3.蓋を開けて火をつけ1分煎り、
   白い煙が出たら火を止め、余熱で1分加熱。

一番茶や二番茶、三番茶との違いは?

 

ほうじ茶の効能には殺菌やダイエット効果もあり!?

お茶に含まれる「カテキン」には、
殺菌効果ダイエット効果というものがあります。

0-157やコレラ菌、サルモネラや黄色ブドウ球菌、
白線菌や腸炎ビブリオや百日咳菌など

様々な菌に効果を発揮し、
同時にダイエット効果として、

糖の吸収を穏やかにし肝臓や筋肉で
脂肪消費を助ける働きがあります

 

ですが、先ほどからお話ししている通り、
緑茶に比べると含有量は少ないのは確かです。

しかし胃が弱くて緑茶では胃を壊してしまう方が、
継続的にほうじ茶を飲む事で
同じ効果を得ることが実証されています

 

Sponsored Links

コメントを残す