ほうれん草を生食での食べ過ぎに注意!アクが原因で下痢になる!?

                         ほうれん草の画像

栄養がある!貧血対策にいい!

と身近であることから
多く食卓にあがる野菜”ほうれん草”

ですが、良い物も食べ過ぎればになる!

では、
ほうれん草を食べ過ぎるとどうなるの??

詳しくご紹介しましょう!!

 Sponsored Links


ほうれん草の食べ過ぎがよくない原因はアク!?量は?

ほうれん草は緑黄色野菜の中でも
特に栄養価も高く代表的な野菜ですよね!

鉄分やビタミン、ミネラル豊富!
健康野菜としても人気があります。

ほうれん草の栄養や効能!

 

しかし、ほうれん草には
エグ味(アク)があります。

今では品種改良が進んでエグ味の少ない
生でも食べられる品種も出回る様になりましたが、

そうした品種以外のほうれん草では
エグ味(アク)は切っても切れない様子です。

 

このエグ味の元は”シュウ酸”といい、

多く食べると結晶化
腎結石の原因の1つともいわれています

カルシウムと結合し、
”シュウ酸カルシウム”という形へと変え、

それが多く体内に留まる事で
腎結石や、尿路結石といったものを引き起こします。

 

1日3kgもの量を食べなければ
その原因に値しないとされていますが、

個人差やカルシウムとの結合のタイミングなどから
バランスよく食べるということが大切になります。

しかし、ほうれん草は茹でてアク抜きして食べれば

70%ほどアクは抜けるので
1日に適度に食べるにはよいと言えます。

ほうれん草のゆで方!下処理やゆで時間は?

 

ほうれん草を生食で食べ過ぎるのは危険!?

今、話題の『スムージー』に、
ほうれん草を必ず入れる!

という方は要注意!

『硝酸態窒素(ショウサンタイチッソ)
という言葉はご存知でしょうか?

野菜の”脂肪”などとも言われる物で、
これが蓄積すると思わぬ病に落ち入ります

 

植物三大栄養素には
リン酸やカリウム、窒素といったものがありますが、

『窒素』は植物が吸収する時に
硝酸態窒素と変わって取り込まれます。

 

それを蓄積している野菜を食べ、

肉や魚、大豆などのたんぱく質に含まれる
”アミン”と結びつき体内で変換されるこの時に、

発ガン性物質”ニトロソアミン”になり、
発ガン血液障害といった病を引き起こすとされています。

ほうれん草を生食で食べるという事は
かなり高いリスクを背負っている!
ということになります。

 Sponsored Links

赤ちゃんのほうれん草の食べ過ぎは下痢のもと!?

始めての子育てなどでは、わからないことだらけ!

特に離乳食の時期にもなると
どういったものを食べさせたらよいか?

離乳食のメニューや食材をチェックします。

赤ちゃんの腸は生後6ヶ月~10ヶ月より
少しずつ大人が持つ腸の機能を持ち始めます。

しかし、2歳程度までは消化が出来ずに
そのまま出て来てしまうということは多くあります

 

ほうれん草を離乳食で与える場合には、

柔らかく茹でてからすり潰す!
という方法を取りますが、

繊維質が多い事で消化器官に負担をかけ、
その為下痢を引き起こすということはあります。

ほうれん草が持つアクが原因ということではなく、
単に消化不良という事がほとんどです。

 

Sponsored Links

コメントを残す