いぼやたこ・魚の目の違いは?原因や症状・治療方法を比較!

                         足の裏のイラスト

手や足にできることがある”いぼ””たこ”
違いや原因はご存知ですか?

そのままにしていると
後々治りが遅くなることもありますので、

対策や治療が必要です。

きちんと原因を知る事で正しい治し方が解ります。

今回はいぼたこの違いについて
ご紹介していきます。

 Sponsored Links


いぼやたこ・魚の目ができる原因の違いは?

いぼ・たこ・魚の目

この3つはセットで専用治療薬などで
見かける事が多いと思います。

3つとも同じ原因でできるのか?

といえばそうではなく
大きく2つに分けて原因が異なります。

 

いぼ”は「伝染性軟属腫」
通称”水いぼ”とも呼ばれていて、

ウィルスによる感染で起こり、
皮膚にある小さな傷から感染します。

皮膚が荒れていたりすることも傷と同様なので、
そうした場合にプールに入ったり、
銭湯などに入って感染するとされています。

 

ウィルスにも様々型があり、中でもHPV16型感染は
子宮頸癌の原因ウィルスとされ

他にも皮膚がんの原因などと
されているので自分での判断が難しいです。

 

たこ”と”魚の目”は主な原因として

集中して同じ場所に力が加わり
皮膚が硬くなったのが”たこ”

さらに一部に力が加わり続けて
出来るのが“魚の目”です。

他にもトゲが刺さり痛みが無いからと
放置をし続けても出来ると言われています。

魚の目の治し方!自宅でできる痛くない芯の取り方は?

 

また、いぼはウィルス性以外に老人性のものも
あるので治療方法はまた異なります。

 Sponsored Links

いぼやたこの症状にも違いはあるの?

どちらも肌からボコッっと出ているものですが、
症状は明らかに違いがあります。

 

いぼ

皮膚の表面から盛り上がり触れると
硬くて表面がザラついています。

皮膚であるため切り取ると出血し、
上から力を加えても痛みがありません。



 

たこ

芯などがなく皮膚が厚く痛みはありません。

削り落とすと角質が厚く重なっただけなので
深く削らないかぎりは出血を伴いません。

 

いぼやたこの対策や治療法の違いは?薬は?

かからない様にする対策としては、

いぼは中の分泌液に触れた手で
あちこちと触れれば広がり、

人にうつす可能性もあるので無理につぶさないこと。

 

いぼの治療は「ヨクイニン」という
ハトムギのエキスの服用が勧められています。

病院などでは液体窒素での凍結や、
電気焼灼療法や湿布などを使った治療方法があり、

症状によって違いがあります。

 

たこの治療は
厚くなった角質を除去する方法がよいですが

無理に削ろうとすれば傷を付け、そこから菌や
ウィルスの感染を起こす事もあります。

硬くなった角質を柔らかくするサリチル酸
配合された軟膏や絆創膏(スピール膏など)で
取り除く方法などが勧められています。

 

しかし、状況によって治療法も変わったり
単純なことではなく皮下に腫瘍ができていることもあります。

たかがイボ・たこと思っていると
案外と怖い病気に繋がる事もありますので

専門医に相談したほうがよいでしょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す