インフルエンザ予防にマスクは効果なし!?おすすめのマスクは?

                         インフルエンザ患者の画像

インフルエンザ予防に
マスクは効果があるのでしょうか?

思えば私自身もマスクは付けていながら、
インフルエンザにかかったことがあります。

これって意味がないの?

インフルエンザの予防に対する
マスクの効果についてお話したいと思います。

 Sponsored Links


マスクの効果はインフルエンザ感染者が付けた方がいい!?

厚生労働省ではインフルエンザ対策として、
マスクの着用は感染予防に有効であるとしています。

インフルエンザは飛沫感染なので、感染者が
咳をしたと同時に空気中にウィルスが吐き出され、

それを呼吸で吸い込むことで免疫力や抵抗力が
弱っている時に潜伏期間を経て発症します。

 

インフルエンザでマスクの着用に関しては、
感染者がマスクをする方が効果が上がる!といいます

人混みの中でも咳をしているのにも関わらず
マスクをしない方を多く見かけますが、

インフルエンザにかかっている!
かかっていない!に関わらず

咳やくしゃみの症状があるならば
マスク着用はエチケットということです

 

感染者がマスクをすることは当然ですが、

電車など人混みでは
マスクはしておいた方が無難ということですね。

熱はないのに悪寒がする原因や対処法は?

 Sponsored Links

新型インフルエンザにマスクは効果なし!?予防におすすめは?

一般的な不織布で出来たマスクは、
5ミクロン以上の粒子であれば防ぐ事ができます。

インフルエンザウィルスの大きさは、
直径0.08~0.12ミクロンであり、

また、ウィルスを含む咳からの飛沫は
5ミクロン以上といいます。

 

ただ、ウィルスの飛沫核は0.3ミクロン以上ですので、
一般的なマスクではウィスルが通過してしまいます。

そこで予防や感染者自身にも身に付けて欲しいマスクは
「サージカルマスク」といわれている医療用のマスクです

 

N95』というマスクであり、
0.3ミクロン以上の粒子であれば通す事がなく、

更にナノフィルター搭載であれば
0.03ミクロン以上となるので、
ウィルスの通過は逃れる事ができます。

 

「メジャーリーガーm-101wマスク」というものが
高い評価を得ており、医療現場や介護施設などでも

患者の唾液や咳によるウィルスの飛沫からの
感染を防ぐ為に使われています。

鼻風邪の治し方!安心で効果のある食事や漢方薬

 

インフルエンザの潜伏期間から発症するまでの期間は?

インフルエンザはウィスルに
感染することで起きる病気ですが、

一般的な風邪よりも
急激に発症し症状が重いのが特徴です。

潜伏期間2日前後で、
時により1週間ほど潜伏する事があります。

 

身体に侵入したウィルスは気道や肺に付着してから
20分ほどで細胞内に到達します。

その後、増殖する速さがすさまじく、

1個のウィルスが8時間後には100個に、
16時間後には1万個に増えて行きます。

潜伏期間後は38度以上の高熱であったり、
筋肉痛といった全身症状をあらわします。

 

予防接種を行うことで、
この症状はまだ緩和されますので、

小さなお子さんやご高齢といった体力や免疫が弱い方、

どうしても仕事が休めない方は
積極的に受けておいた方がよいでしょう。

予防接種による熱は副作用!?何度まで上がるの?

 

Sponsored Links

コメントを残す