一夜干しの作り方!魚やイカの干物の焼き方や食べ方は?

                         イカの一夜干しの画像

イカや魚の干し物は、
そのまま食べるよりもうまみがありますよね。

いつもの食べ方もいいですが、
ご家庭で手軽に一夜干しを作ってみませんか?

実は簡単に作れるんですよ!

春から夏には真アジも出回りますし、
旬の魚を一夜干しで楽しみましょう!

今回は一夜干しの作り方についてお伝えします。

 Sponsored Links


イカや魚の一夜干しの作り方は?

新鮮なイカが手に入ったり、
釣り好きな方がたくさんイカを釣ってきた時、

ぜひ作ってみてください!

イカの下処理をする前に、干す場所を作りましょう!

ここで洗濯物を干す際に使う”洗濯物干し”
うまく利用してしまいましょう!

 

まずはイカの下処理をします。

”えんぺら”といういわゆるイカの耳、

これを下にして胴の真ん中に包丁を
入れ一枚に開いてください。

内臓に付いている墨袋を破かずにひっぱり外し、

胴と脚の間に縦に包丁をいれ開いて、
くちばしの部分を取り除きましょう。

 

もつぶさぬ様に押し出して取り、
内臓を上に向かってひっぱり剥がし、

軟骨を抜いたら下処理はおしまい。

最後に塩と酒を両面にすりこみ、
そのまま2時間程度置いた後に干します。

 

はアジやイワシ、カマスなど、

中骨を付けた二枚おろしか、
中骨を取った三枚おろしでも可能です。

水洗いをして一旦水気を切り、

12~13%程度の塩水に20~30分漬け込み、
再度水洗いをしザルなどに広げて干します。

 

夜から朝、6~8時間程外に干し、
乾いて水気がなくなっていたら完成です。

干し網を1つ買って置いてもいいですね!

ハエや鳥からも除ける事ができます。
100円均一でも購入できますよ。

 Sponsored Links

一夜干しの食べ方や焼き方!保存できる期限はどれくらい?

1枚づつラップをして、更に保管袋に入れて
冷凍すれば1~2週間は保存出来ます。

しかし、早めに食べた方がおすすめです。

一夜干しは焼きすぎると美味しさが半減
魚は身の方から焼きましょう

 

魚焼きグリルなどで、火は中火程度で!

程よく焼き色がついたら返し、
皮側を焼くときは弱火にしてゆっくり焼きます。

イカはフライパンで中火で焼き、

日本酒を大さじ2ほど入れて蓋をし、
蒸し焼きにしましょう。

2分程度焼いて返し蓋をし1分ほど。

身が白く色がかわって日本酒の
水気が飛んだら切り分けて食べましょう。

 

食べ方は魚もイカも一般的な大根おろしや、
マヨネーズに七味や醤油を少し混ぜたもの、

レモンをかけたりしても美味しいです。

一夜干しにすると栄養はどう変わるの?

一夜干しといった干物は、
水分が抜け凝縮されるので栄養価があがります

さらにうまみの成分であるイノシン酸も増え、

味もグッとアップする
魚の美味しい食べ方の1つです。

 

ただ、天日干しした『干し物』と比較すると

お陽様に当っていない分栄養分は
多くあがる物ではありませんが、

一夜干しの方が味が柔らかい面で好まれています。

 

Sponsored Links

コメントを残す