いよかんのカロリーや糖分!含まれる栄養効果はダイエット向き!?

                         いよかんの画像

冬に旬をむかえるいよかん
甘くてジューシーでついつい手がのびますね。

冬場ということもあって
あまり体を動かさないと
食べ物のカロリーが気になります。

いよかんのカロリーや、食べる事によって得られる
栄養などについてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


いよかんの栄養や効能!気になるカロリーは?

「いよかん」は、みかんの仲間で、
冬に旬の時期を迎えます。

栄養素は特化しているものでビタミンC、
葉酸やミネラルといったものや、

パントテン酸・カリウムなど、
爽やかな酸味の成分であるクエン酸も豊かです。

ビタミンCはご存知の通り美肌効果や免疫力効果、
クエン酸は疲労回復に有効です。

 

栄養もありますが有用成分に注目!

・リモネン
・ナリンギン
・ヘスペリジン

ナリンギンは苦味成分で、
ポリフェノールの一種で抗酸化作用があります。

他の成分として、シネフィリンという成分には、
気管支を広げる効果があります。

いよかんの皮や薄皮にも栄養が!

 

なお、いよかんのカロリーは、
100gで45.9kcalです。

みかんの缶詰やポンカンと比較した糖分やカロリーの違いは?

 Sponsored Links

いよかんに含まれる糖分は?柑橘系・りんごなどと比較すると?

フルーツには果糖があり、
食べ過ぎれば太る元になりますね。

いよかんの糖分は同じ柑橘系や、
身近なフルーツと比べて多いのか少ないのか?

・・・ちょっと気になりますよね。

 

100g中の糖分の高いフルーツを順に並べると、

バナナで12g、
りんご10g、

いよかんやネーブルオレンジ、温州みかん、
はっさくといった柑橘系は11.5g

文旦やグレープフルーツでやや少なく約9.8kcal、
いちごなどでは8.5kcal。

みかんの種類別の名前と特徴!温州みかんって?

 

思ったよりちょっと糖度が高い部類に入りますが、

いよかんやみかんなどは
1日に食べる目安を2個程度まで!ともいうので

それ以上食べ過ぎなければ
特別気にしなくても大丈夫ではないかと思います。

みかんの食べ過ぎは太る!?手が黄色くなるのはなぜ?

 

いよかんはダイエットに効果的?その食べ方は?

ダイエット中にいよかんを食べるのは、
多いに良い事だと思います。

脂質を多く含む訳ではなく、甘みを楽しむ事ができるので、
ケーキなどを食べるよりは遥かにヘルシーです。

・・・とはいっても食べ過ぎともなると
糖分の面が気になると思うので、
おやつのかわりに1個食べるとよいでしょう。

 

いよかんなどの実を包んでいる薄皮には、
「ペクチン」という水溶性食物繊維を含んでいて、

ダイエット中に起き易い便秘の解消になり、
ほどよく取るとお腹がすっきりします。

ダイエットをする上で、便秘は解消しておきたい面でもあり、
腸を整える事は美肌にも繋がるので一石二鳥です。

 

他にも皮に含まれる香り成分「リモネン」

交感神経を活発にし、血行促進・
エネルギー消費を高める働き、リラックス効果もあるので

お風呂に入れたり、可能であれば皮は柔らかいので、
そのまま食べるという方も少なくない果物です。

 

Sponsored Links

コメントを残す