ジューンブライドの意味と3つの由来!入籍でもジューンブライド?

                         花嫁の画像

ジューンブライドといえば結婚式ですが

女性なら一度は憧れたことが
あるのではないでしょうか?

季節的に梅雨真っ只中の6月が
ジューンブライドですが、

これは結婚式なのかそれとも入籍なのか?

意外と知られていないジューンブライド

今回はジューンブライドの意味についてご紹介していきます。

 Sponsored Links


ジューンブライドの起源は?どんな由来?

ジューンブライドは訳すと

「6月の花嫁」「6月の結婚」
という意味になります。

欧米ではこの時期に結婚すると生涯
幸せな結婚生活が出来る!

と古くから伝えられているそうなのですが、

日本でジューンブライドが浸透しだしたのは
企業戦略からだそうです。

 

6月の日本は梅雨の時期で、
当時は空調設備が整っておらず

梅雨独特のジメジメとした湿気の多い会場で
式をする方が少なかったそうです。

売上が落ちないようになんとかしよう!

と考えた結果が、
欧米のジューンブライドだったのです。

バレンタインデーにチョコを渡す習慣が
企業戦略で出来たように、

ジューンブライドも企業戦略から
広まったとは驚きですね。

式場見学のポイント!何件行く?聞いておく質問は?

 

ジューンブライドには由来が3つあります。

1つは女神JUNO節です。
6月は英語で「JUNE」

そしてローマ神話で結婚をつかさどる
女神の「JUNO」に由来しており、

この月に結婚する花嫁は幸せになれるだろう
と言い伝えられているそうです。

 

2つめは気候・季節節です。

6月のヨーロッパは日本と違い
一年で最も雨が降らない月です。

気候が適しているうえに
復活祭も行われているこの時期、

ヨーロッパ全体がお祝いムードとなっています。

誰からも祝福される時期となる6月は
花嫁が幸せになるだろうと言い伝えられているそうです。

 

3つめは結婚解禁説です。

農作業の妨げになることから

ヨーロッパでは3~5月の3ヶ月は
結婚が禁じられていました。

結婚解禁である最初の月の6月は
結婚する人が多数おり、

多くの方が祝福をしてくれるので
6月の花嫁は幸せになれるだろう

と言い伝えられています。

 Sponsored Links

ジューンブライドって6月に入籍?それとも結婚?その意味や由来は?

入籍をしたならこれもジューンブライドなのか?
と思えば実はそうではないようです。

結構勘違いされている方が多いのですが、

結婚式を6月にあげてこそ
ジューンブライトと言えるのです。

結婚式と挙式・披露宴の違いは?

 

ジューンブライドの3つの由来は
どれも花嫁は幸せになれる!

と言い伝えられていることから、

結婚式こそジューンブライドと言えるのだと
感じますがそれだけではありません。

 

雨の日の結婚式は縁起が良いとも言われており、
「幸せが振り込んでくる」とされています。

フランスでも

「雨の日の結婚式は幸運をもたらす」
と言い伝えられているそうです。



ジューンブライドの花にあじさいを使う意味は?

ジューンブライドといえば
あじさいも一緒に連想しますよね。

やはり6月はあじさいが綺麗に咲いている時期ですし、
色のバリエーションも可愛いものばかりです。

 

季節感溢れる花でもあるあじさいの意味

あなた色に染まります

という意味をもっており
結婚式には最適な花となっています。

あじさいの花言葉の意味!

パステルカラーの可愛いあじさいの
ブーケや会場に飾ったりするなどして

素敵なジューンブライドにしてみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Links

コメントを残す