じゃがいもは生でも食べられる?食べ方は?腹痛や食中毒になる?

                         267821d81a302e8a40f9089cb036a2f5_s

じゃがいもを作った料理をした時に、
きちんと煮えていなくて生っぽい時があります。

失敗したなぁ~・・・と思うのと同時に、
生でも食べても大丈夫なのか?と疑問にも・・・

考えてみたらじゃがいもって
生で食べる事が出来るのでしょうか?

今回はじゃがいもを生で食べられるのか?
などといった事をご紹介します。

 Sponsored Links


じゃがいもは生煮えや生でも食べられる??

じゃがいもといえば炒め物や揚げ物、ふかす
など加熱調理がとても多いと思います。

そうした料理を食べ続けて来ているので、
生で食べることはできないものだろう・・・
そう考える事が多いのです。

実際にはじゃがいもは生食ができます

しかし、でんぷん質が多く、
大きく切ったりするとそれほど美味しさを感じません。

 

じゃがいもを生で食べる場合は、
が出ていないものを薄くスライスして細かく千切りに切って、

水に十分さらして、でんぷん質を取り除いてから
サラダや酢の物といった食べ方が出来ます

生のじゃがいもはあくまでも
シャキシャキ感を楽しむくらいかと思います。

 Sponsored Links

じゃがいもを生で食べる場合の味付けは?

じゃがいもは生の状態だと炭水化物がおよそ20%

加熱すると3倍になるので、
ヘルシーに食べる事が出来ます。

生食で食べる場合には細め・薄めに切ると
でんぷん質を取り除きやすく食べやすくなります。

味自体はシンプルなのでサラダならばマヨネーズやドレッシングで
味を馴染ませて頂く方がおいしさを楽しめます。

 

スライサーで薄くスライスしてから
包丁で細く切る事がおすすめです。

特に塩をあてて、しんなりさせるのではなく、
そのまま味をつけてシャキシャキのうちに頂くとよいです。

なお、じゃがいもが余った場合には冷凍NG!

冷凍保存する場合は加熱して潰すと
食感を損なう事はありません。

じゃがいもの保存方法!切った場合の保存期間は?

じゃがいもを生で食べると腹痛や中毒になる!?

じゃがいもを生で食べて腹痛を起こした・・・。

実際に生で食べるレシピがありますが、
個人差により生で食べて腹痛を起こす事もあります。

じゃがいもはアレルギーを引き起こす場合があります

主にイネ科やゴム製品でアレルギー反応を起こす方においては、
口腔アレルギー症候群も引き起こす可能性があります。

じゃがいもアレルギーの原因と症状!

 

他にもトマトやバナナ、メロンや
天然ゴムを使用している製品で
アレルギー反応を起こしたり、
カモガヤ花粉症を持っている方は

生食はもちろん加熱調理したものも気を付けてください

腹痛以外にも吐気や嘔吐、
時にはアナフィラキシーショックなど危篤な状況も起こりえます。

 

また、芽や青い部分があった場合には、
じゃがいもに含まれるソラニンにより中毒症状を引き起こします。

アレルギーの心配がある方は気を付けましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す